スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
湖水地方ダブクラッグとハートクラッグ その1
2012/08/24(Fri)
早朝から申しぶんのないお天気にめぐまれて、
今日も、わが家の車は、湖水地方の北東部にある
パターデール(Patterdale)をめざします。

P1060495z.jpg

昨日の登山口から目と鼻の先にある
ハー(ト)ソップバリー(Hartsop Valley)の
ナショナルトラストの駐車場に車をとめると、
まずは、谷底の平たんな道を歩きはじめます。

P1060503z.jpg

そのうち道ばはがせまくなり、
くねりながら山のしゃめんにはりついて
じょじょに急勾配ののぼりに……。

P1060508z.jpg

ふと、足もとのせせらぎを見おろすと(写真左下)、
わたしたちを見あげるひとみと目が合いました。

P1060507z.jpg

「行ってくるね~」

と、手をふって別れた先から、
いよいよ山の斜面は岩がちになり、
自然の岩でできている石段に。


ダブクラッグ(Dove Crag)のわきをかすめて、

P1060513z.jpg

目的地ハートクラッグ(Hart Crag)へ。


ちなみに、
クラッグ(Crag)というのは、
岩場や岩山のこと。


先日、ご紹介したグラスミアの
「ライオン&ラム(子羊)」と呼ばれる
ヘルムクラッグ((Helm Crag)にある岩は、
実際、ライオンと子羊に見えるのですが、


このダブクラッグ(Dove Crag)や
ハートクラッグ(Hart Crag)は、
鳩(dove)や牡鹿(hart)には、
ちょっと見えないような~。


急なのぼりのすえにたどりついた
ハートグラッグの山頂からは、

P1060527z.jpg

みごとな眺望がひらけていました。

P1060520z.jpg

標高822メートルではありますが、
何せ湖水地方、氷河で削られた急勾配の地形なもので、
のぼる標高差や見わたせる景色の起伏は、
なかなかのもの。

P1060536z.jpg

ぽっかりと綿雲のうかぶ、
一番奥の山の稜線は、
昨日、歩いたハイストリート。

P1060526z.jpg

北方に目を転じると、
イングランドで3番めに高い山
ヘルベリン(Helvellyn 950m)がのぞめました。


中央から少し左手奥のピークがヘルベリン。
ヘルベリンのいただきから右手にのびる屏風のような岩山が
ストライディングエッジ(Striding Edge)。


ヘルベリンのいただきからストライディングエッジと
その北に位置する湖レッドターン(Red Tarn)を見おろす景色は
まさに圧巻です。


この角度からは、
そんなふうには見えないのですが、
ストライディングエッジの稜線は、
カミソリの刃のように切りたった岩のつらなり。


ヘルベリンは、
湖水地方の山登りには、
絶対にはずせないお勧めの山です。


人気の高い山なので、
登山者が多いのが玉にキズではありますが、
またとないお天気の今日あたり、
どんなすばらしい眺めが見おろせるやら~。


なあんて遠い景色に思いをはせていると、


「お~い。ランチにするぞ~!」


はいはい。
わたしのお腹の虫もないてます。


今日は、昨日とちがって山頂もぽかぽか。
ランチのおにぎりのあとは、恒例のごろ~り。
たいがい寒くて眠れたものではないのですが、
心地よい疲労感と陽気にさそわれてうとろうとろ。


ほ~っ。
こんなに心地のよいウォーキングと
ぽあぽか陽気の山頂は久しぶり~。


ごろごろしているものいいけれど、
こんな絶好の写真日和には、
この次いつめぐりあえることやら。


と、思ったわたし、


「ちょっと写真とってくるわ~」


カメラをたずさえ、
山頂をぐるりと一周してみることにしたのでした。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


詩の好きな方は、もしよかったら、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!




スポンサーサイト
この記事のURL | 湖水地方を歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。