スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スカイ島は、今日も雨
2012/09/13(Thu)
昨日は、雨にたたられてしまったスカイ島。
ところが、今日も、雨の予報……。


だから、やっぱり、山にのぼるのは、無理。
ならば、今日はのぼらずに海辺のウォークをするとしよう。


というわけで、
再び、スカイブリッジをわたって訪れたスカイ島。


ですが、現在でも、フェリーをつかって
海の道からスカイ島を訪れることも可能です。


ことに、イギリス南部からスカイ島を訪れる場合には、
スカイブリッジをわたるよりもずっと近道。

P1070179z.jpg

ほらほら、スカイ島へむかって、
スコットランド本土のマレイグ(Mallaig)から
カーフェリーがやってきましたよ。


対岸の右手に見えるのがマレイグ。
マレイグは、映画「ハリー・ポッター」の
ホグワーツ特急の撮影に利用された客車を引いて走る
蒸気機関車「ジャコバイト(The Jacobite)」の終着駅です。


「ジャコバイト」が走る車窓には、
ホグワーツ魔法魔術学校にむかう生徒たちが
ながめた風景が広がっています。

(蒸気機関車「ジャコバイト」については、こちら)

P1070182z.jpg

マレイグからのフェリーが港に入ってきました。


ですが、わたしたちは乗船せずに、
スカイ島最南端の半島の、
さらに最南端の道のはずれをめざします。


アスファルトの道路の終わりにある
駐車場に車をとめ、歩きはじめました。


そんな、わたしたち一家を迎えてくれたのは……。

P1070185z.jpg

行く手の砂利道は左右上下にうねりながら
果てしがないかのようにつづいていきます。

P1070186z.jpg

海を見おろしてぽつぽつと建つ白いコテージの風景に見送られ、

P1070187z.jpg

そのうち砂利道から幅のせまい土の小路へ。


ところが、そのころから小雨になり、
やがて、小雨が本降りの雨に……。



なのに、ひき返さないの~!



と、叫ぼうとも、

断固として、
突端の灯台を見るのだという足どりで
先を歩いていくイアン。


こりゃあ、だめだわ。


と、顔を見合わせるわたしとユイン。
雨にうたれながらおし黙って
イアンのあとを追うことに。


土の小路も途ぎれると岩場がはじまり、
その広大な岩場の遠いはずれに
雨にけむる小さな灯台が見おろせました。


ここまでぬれれば
あとはどれだけぬれても同じ。


ただ、問題は、お昼をとるために
雨をさける屋根のようになっている
岩場がないということ。


「ここまで来れば、
ランチができると思ったんだが……」



って、ねえ、イアンちゃん。


「仕方がないから、車までひき返すか」


え、ええっ。そ、そ、そんな~。


と、嘆いてみても、
ほかにどんな選択肢があるというのでしょうか。
再び、顔を見合わせるわたしとユイン。


すでに、くるりを向きをかえ、
来た道なき道をひき返しはじめたイアンに
したがったのでありました。


足もとは、もちろん、
ジャケットから伝い落ちてくる雨が
ズボンの内側を流れて皮膚にはりつく感触の
なんとも心地の悪いこと。


でもね。この気持ちの悪さが
限界をこえると言いましょうか。
激しく打ちつける雨のなかで、
ふっと、消える瞬間があるんです。


お腹がへっていたことも感じなくなって、
ひたすらひたすら歩くことに、
なんとかすかな快感さえ覚えはじめて、
そしたら、もうさっさかさっさか。


修行僧が滝にうたれるとか、
幾多の山野をこえていくとか、
そんな境地からはほど遠いかと思うのですが、


ニンゲンの感覚ってある一線をこえたとき、
ふいに開放感のようなものを感じるように
セッティングされているような気がするのです。


わたしたち以外、だれもいない何もない、
雨に閉じこめられた世界のなかで、
歌を歌いたいようなゆかいな気分に……。


でも、
それも、わたしたちの帰りを待つ
車が見えてくるまで。


そこに雨の避難所があると認識すると、
急に気持ちがしぼんで、
ぐしょぬれの不快感と空腹が、
どっと押しよせてくるのです。


なもので、車に飛びこむと、
ぬれている衣服をできるかぎり脱ぎすて、
車内にあったかわいた衣服をまとって、


おにぎりをほおばり、
のどのかわきをいやすことのできたときの、
ああ、そのありがたいことと言ったら……。


まあ、そんなこんなで、
予定したウォーキングコースは
何とか踏破したわけなのですが、


ぐしょぬれになってしまったウォーキングブーツ、
明日までにかわいてくれるんだろうか~。


それより、



いったい、この大雨、

明日には、やんでくれるのかなあ~。




と、白くけむる車の窓ガラスに
激しくうちつける暴風雨をながめながら
長~いため息をつくわたしなのでありました。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


詩の好きな方は、もしよかったら、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | スコットランドを歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。