スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
晩秋の丘アルウィントン
2012/11/12(Mon)
11月も中旬に入り、
めっきりと秋の深まった日曜日。
晩秋の田舎を歩いてきました。

P1080040z.jpg

出かけたのは、
わが家から車で1時間以内の田舎のなかでは一番お気に入り。
ノーサンバーランド州は、アルウィントンの丘。

前回、夏に出かけたときのような
夏の花々の華やぎはないものの、
風景の中には、秋ならではのいろどりが……。

P1080044z.jpg

空は、どこまでも高くすみわたり、

P1080045z.jpg

北国の太陽が、
低い位置からやわらかな光を
緑の大地にふりそそいでいます。

P1080046z.jpg

高度が増すにつれ、
まどろんでいるかのような
ほのかにけむる視界が広がって。

P1080051z.jpg

中腹の丘では、
牛の親子がのんびりと草をはみ、

P1080055z.jpg

おだやかな秋の日を
のんびりと楽しんでいます。

P1080067z.jpg

大地の草は年中をとおして緑ですが、
夏に濃い緑の海原のように波立っていた
わらびの原は赤さび色に。


イギリスの田舎の風景のなかでは、
このワラビもオータムカラーのひとつ。


ところが、

P1080083z.jpg

こんな季節に、
つぼみをつけているかのような野アザミを発見。
夏だとかん違いするような陽気ではないのだけれど……。


標高400メートルあまりの丘のてっぺんには、
歩いていないと身をふるわせねばならないくらいの
風が吹きわたっていて、


どうやら、その風が
どこからか薄雲を運んできたもよう。

P1080109z.jpg

ふと、かすむ空の中空にうかぶ
太陽をふり向くと、
そこには、幻想的な風景が……。

P1080110v.jpg

風の通り道をさけて、
温かい飲み物と
チョコレートビスケットを頬ばり、
さて、そろそろ丘をくだるとしましょうか。


丘のてっぺんでは
ひとっこひとり見かけなかったのですが、

P1080121z.jpg

くだりの道では、
カップルや犬連れのヒルウォーカーを見かけました。

P1080126z.jpg

夏には、子連れだった羊たちに子羊の姿はなく、
その代わり、冬にそなえてふかふかの羊毛をたくわえた
羊たちの姿を見かけました。


12キロ、4時間あまりのウォーキングの末、
丘のふもとにたどりつくと、
あたりにはすでにほんのり暮色がただよっていて、
もうそろそろ秋も終わり。


この次に訪れるこの丘の風景は、
霜や雪でほんのりと白く薄化粧をしていることでしょう。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


詩の好きな方は、もしよかったら、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | 田舎へお散歩 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。