スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
キャラメルとくるみ入りのコーヒーパン
2012/11/25(Sun)
めっきりと
寒さがつのってきた
今日このごろ、


その気温の変化が、
お料理の手順にも影響する
なんてことはないでしょうか?


温度によって
調理時間が大幅に
かわってくるパン作り。


今日は、夜食に、
キャラメルとくるみ入りのコーヒーパンの
焼きたてを食べよう~。



と思って、
朝イチで生地を仕込み、
1発酵のあと、


成形した生地をパウンド型に入れて、
冷蔵庫に放り込んでおいたのでした。


そうなんです。
冷蔵庫で2次発酵をすると、
朝仕込んでおいて夜にちょうどよい具合に
発酵ができていることを発見して以来、


夜食用のパンは、
朝仕込むという習慣に。


ところがっ~!


そろそろ焼こうかと、
冷蔵庫からパン生地を取り出してみると、


倍の大きさにふくれていなければならないパン生地が
朝、冷蔵庫に放り込んだときとほぼ変わらない大きさのまま。


ふえ~ん。
これじゃ、また焼けな~い。


それから2次発酵をしてという手もあったんですが、
さいわいお腹もそんなに減っていなかったこともあり、
朝食に焼きたてパンも悪くはないなと思い、


じゃあ、明日の朝、焼きたての
キャラメルとくるみ入りのコーヒーパンの
焼きたてを食べよう~。



と予定を変更。


でも、
パン生地は冷蔵庫の中にはもどさずに、
室温に放置することに。


こうして、ひと晩放置したところ、
翌朝には、ちょうど頃合いあんばいに
発酵してました~。

P1080128z.jpg

(ちなみに、このパン生地は、
1次発酵のあと、インスタントコーヒーを入れた生地をのして、
ローストした刻みくるみとキャラメルをぱらぱら。
くるくる巻いてハサミを入れて、3つ編みにしたものです)


このうえに、ミルクをぬって、
オーブンへ放り込んだところ、


コーヒーとキャラメルの
甘い香りがただよいはじめ、
ほどなく、こんな感じに焼きあがりました~。

P1080149z.jpg

キャラメルとけて、くるみにからんでいい感じ。

P1080162z.jpg

コーヒーとくるみのほろ苦さに、
キャラメルのやさしい甘さひきたって、
やっぱり、このコンビネーション、
なんとも言えませ~ん。


というわけで、
冬場のじっくり2次発酵は、
冷蔵庫ではなく室温で。


室温によって
発酵の進行過程はちがってはきますが、
適材適所に適時間を見つければ、


好みのタイミングで、
好みのパンが焼けるものですよね~。


でも、生地の気泡が大きめって、
やっぱり、ちょっと過醗酵に
なってしまったってことなのかな~。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


詩の好きな方は、もしよかったら、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。