スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
エリサベスさんとの再会とテムズ川の夜景
2012/11/22(Thu)
エリサベスさんと待ち合わせをしたのは、
エレファント&キャッスルという
不思議な名前の地下鉄の駅前。


出口がいくつかあって
なかなか出会えなかったものの、
ついに会うことができた。


最後にあったのは10数年前のこと、
以来、連絡はとり合ってはいたものの、
顔を合わせたことはなかったので、


「わかるかな~」


とイアンと言い合っていたところ、


10数年前とまったく同じ
肩までのストレートヘアに
カチューシャをした
エリサベスさんがあらわれた。


まったく変わっていない外見に驚いた。
青い目のお茶目な笑顔も、まったく同じ。
駅の近くのカフェに入ってつもる話に花が咲いた。


わたしがエリサベスさんと
はじめて出会ったのは、
1990年6月29日早朝のこと。


はじめての渡英で
右も左もわからないわたしを
ヒースロー空港でピックアップし、


ロンドンにある
日本の地方公共団体の出先機関まで
連れて行ってくれた。


わたしは実家の町と友好関係にある
ウェールズの町の大学の英語研修コースに
交換留学生として派遣されてきた。


その途上、日本の地方公共団体の
ロンドンにある出先機関のオフィスにあいさつに
行くことになっていたのだけれど、


はじめてのロンドンは不案内だろうと、
町の友好関係を築くきっかけとなった
ウェールズの町在住の友人が


その友人だったロンドン在住の
エリサベスさんにわたしのピックアップを
頼んでくれたのだった。


日本の地方公共団体のオフィスは、
石造りの大きな建物の3階だったか、
4階、はたまた、5階にあったか、
そのあたりの記憶はさだかではないが、


インターホンで来館を告げると、
ついさっき仕立てあがったかのような
ズボンの折りめにシワひとつない
ダークカラーのスーツを着込んで、


髪をポマードできっちりと固めた、
まさに、エリート然とした日本人男性が
玄関まで迎えに出てきてくれた。


うわぁ。うちの町役場には、
こんな職員さんはいないなあ~。
見あげるばかりのうわぜいの物腰は
礼儀正しく何ともやわらか。


おたがいにこやかにあいさつをかわしたあと、
それは、今しがた降りてきたエレベーターのボタンに
エリート職員さんが指をのばしたときのことだった。


ひざ上のショートパンツにピンクのトップ、
素足に底の平たい革のサンダルをはいて、
プラチナブロンドの髪をきりりとひっつめの
ポニーテールにまとめたエリサベスさん、


けっして長身ではないが、
スリムな体躯の美しい背すじを
さらにシャキッとのばして、
さらりと、ひと言。


「わたしには足がありますよ」


と言うなり、
エレベーターの隣にあった階段を
さっさかのぼりはじめたのだった。


あ然とするエリート職員さんと顔を見合わせ、
エリサベスさんについて階段をのぼりながら、
思わずうなってしまったわたしなのだった。
う~む。これがヨーロッパ人の女性なのかあ~。


ちなみに、エリサベスさんはイギリス人ではない。
お父さんはハンガリー人、お母さんはオーストリア人。
ハンガリーの生家の写真を見せてもらったことがあるが、
山間の森のなかに建つお城のようだった。


もしかして、一家はハンガリー王国崩壊時の亡命貴族?
親戚は、ドイツ、オーストリア、イギリス各地に居住。
エリサベスさん自身はロンドンのフラットで独り暮らし。
独身である。まあ、それはわかる。


以前はインテリア関連の仕事についていたとのことだが、
わたしと出会った当時は、すでにヨガを教えていた。
そのとき、50代だったのだけれど、
それから22年後の現在も、まだヨガを教えつづけている。


最初からプラチナブロンドなので
どれだけが白髪なのかよくわからないが、
ふえたのは白髪くらいのもので、
現在も、当時のエリサベスさんは健在だった。


ロンドンへは会いに来れなかったけれど、
エリサベスさんが送ってくれたTシャツを着て、
この夏オリンピックのサッカー観戦へ出かけたときの
ユインの写真を見せると、


開口一番、


「いったい、この姿勢は何なの~っ!」


と、ご機嫌ななめ。


「矯正しなくちゃ、女の子にもてないわよ~」


とのことなので、
来年は、ユインの姿勢の矯正に、
ニューキャッスルまで行かなきゃね
ということに。


そして、
わたしのぶらさげていたカメラを見せると、


「今日は、そんな気分じゃないのよ」


と、言い放ち、
その日も夕刻入っているヨガのレッスンへと
地下鉄の人ごみの中へ姿を消していく
エリサベスさんの腕には、


ユインがTシャツのお礼に作ったぬいぐるみが
それはそれはだいじな宝物でもあるかのように
抱きかかえられていたのでした。


エリサベスさんを見送ったあと、
わたしとイアンも再び地下鉄へ。


時間は、午後5時前なのですが、
すでに11月のロンドンには夜のとばりがおり、
にもかかわらずあたたかな夕べに誘われて、


「テムズ川沿いを散歩しないか?」


と、イアン。


「うんうん。しようしよう~」


ってことになり、ロンドン橋へ。

P1080173z.jpg

ん。あれは、セントポール大聖堂ですか~。

P1080174z.jpg

そして、これは、
第二次世界大戦に現役だった
HMSベルファーストなのだそうです。

P1080178z.jpg

もしかして海軍兵だった祖父が乗っていた船と
南洋で海戦を交えたことがあるのかもと思って、
ロンドンから帰ってから調べてみたのですが、
南洋へは行っていないもよう。


現在は、先に訪れた
帝国戦争博物館(Imperial War Museum)の一部として
一般に公開されているとのこと。

P1080179z.jpg

ちなみに、わたしたちが持って出かけたカメラは、
コンパクトデジカメです。
こんな夜景を撮る機会があるなら、
イアンに一眼レフを持っていかせるべきだった。


「こりゃあ、三脚がいるなあ」


と言いつつ、
川沿いの手すりにコンパクトカメラをすえて
夜景を撮るイアン。


そんなことお構いなしで、


「おお、あれはロンドン塔~」


などと歓声をあげながら
ばしばしシャッターを切るわたし。


なもので、ロンドン塔を撮った写真は、
ぶれぶれのためアップできるようなものが
ありませんでした。ごめんなさい。


イアンの撮ったタワーブリッジ。

P1080189z.jpg

それでも、やっぱり、三脚が必要のようですね。

P1080184z.jpg

テムズ川のこちら側はというと、

P1080191z.jpg

写真中央、手前のビルの背後から、
とんがった先っぽをのぞかせている。


「あれが、シャードだよ」


「おお、あれが~」


今年、7月の完成時には、
(と言っても、内部はまだ未完で、
完成と一般公開は来春なのだそうです)


ロンドンにヨーロッパ一の高さを誇るビル
(と言うのも、ここしばらくのことなのだそう)
ができたと、


ニュースで大々的にとり上げられていた
ロンドンの超最新観光名所です。


この写真ではよくごらんになれないですが、
ガラスのピラミッドの先端をつまんで、
にゅ~っと引き伸ばしたような外観をしています。


正直のところ、ロンドンに行ってもなあ~。
なんて思っていたのでしたが、


このテムズ川沿いの
新旧の建物がないまぜになった
夜景を目にしていると、


ああ、来てよかった~。
明日は、ロンドンの
どんな顔を見ることができるのかなあと、
わくわくしてくるわたしなのでありました。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


詩の好きな方は、もしよかったら、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | おもろい夫婦のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。