スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ビーフピザ&ビーフラザニアの週末
2013/01/07(Mon)
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
そろそろ、お正月気分もぬけて、
ふだんの暮らしにもどられるころかと。


ユインの誕生日にはじまって、
クリスマスとお正月をはさんで、
3週間のうちに、イアンの誕生日以外、
すべての年中行事がたてこんでいるわが家も、


例年のように、
バタバタとすべでの行事を終え、
ほ~っと、ひと息ついたところです。

P1090205z.jpg

撮り忘れていたら、
かなり開いてしまった
結婚記念日のお花。


さて、この週末は、
久しぶりにイアンがピザを作りました。

P1090202z.jpg

グリーンチリとビーフにパイナップル。
ピリ辛味にパイナップルの甘みがよい感じ。

P1090200z.jpg

そして、ゆうべの夕食メニューは、
ビーフラザニアを作ることになっていて、
その材料は買ってきてあったのですが、


「オーブンチップス、あったよな?」


と、イアン。


オーブンチップスとは、
オーブンにつっ込んで加熱調理する
フライドポテトの冷凍食品です。


日本のフライドポテトとはちがい、
イギリスのチップスは、
指くらいの太さと長さの
ボリュームのあるフライドポテトです。


イギリスの国民食とも言える
フィッシュ&チップスばかりではなく、
イギリスでは、庶民的なメニューの付け合せには、
たいがいチップスがついてくるのです。


海外からやってきた
カレーやイタリアンにだって、
チップスがついてくる場合があるのです。


日本で、洋食メニューに、
日本米のお皿がついてくる
って感じでしょうか。


お米を食べないと
ごはんを食べたような気がしない
日本人がいるように、


チップスを食べないと
ごはんを食べたような気がしない
イギリス人がいるわけなのですね。


なもので、わが家も、
ラザニアの付け合せはチップス、
ということになってます。


でも、
わが家の冷凍庫にあった
オーブンチップスは、


「こないだ全部食べたじゃん」


「何だって~!」


って、
一番たくさん食べたの、
だれなのよ。


「じゃあ、今日のラザニア、
いったい何と食べるんだ!」



と、大騒ぎするようなことなんだろうか。
などと思いつつ、とにかく、じゃがいもがないと、
おさまりがつかないようなので、


「ロスティにしたら?」

P1090226z.jpg

ロスティというのは、
じゃがいもをチーズおろしで荒くおろして、
フライパンで円盤型に焼いたスイス料理なのだそうです。


去年の夏、スイスへ歩きにいったお友だちが
お土産にくれたレトルトのロスティ。

P1090232z.jpg

フライパンに入れて
両面焼くだけとのことなので、


「よし。じゃあ、ロスティにしよう~」
 

と、同意したイアン。


ラザニアのできあがるころ合いを見計らって、
ロスティをフライパンで焼いたのでしたが、

P1090241z.jpg

円盤型にまとめることができず、
バラバラになっちゃいました~。


まあ、それでも、こんがり焦げた部分が、
パリパリ香ばしくてで美味しかったです。
塩味のきいたごく細チップスという感じ。

P1090246z.jpg

ラザニアの方もなかなか。
ホワイトソースもトマトソースも
イアンのホームメイド。


なもので、思いのほか、
調理時間が長びいてしまい、


すきっ腹をかかえて、
オーブンから出てくるラザニアを
今か今かと待ちかまえていたたわたしたち、


ロスティはもちろんのこと、
6人前ほどの巨大ラザニアを
3つの胃袋にきれいにおさめてしまいました、
とさ……。


イベント続きの3週間の暴飲暴食に、
今週末こそは、ピリオドを打たなくっちゃ!
と固く心に誓っていたはずなのに~。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


詩の好きな方は、もしよかったら、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。