スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お客様はカモ様です
2013/01/19(Sat)
「よかったね。
レンズもフレームもただの店でメガネをつくれて」



と喜んだユインのはじめてのメガネ。
たった半年の寿命であった。


学校帰りにメガネをかけていないと思ったら、
ユインのさし出す封筒の中から
レンズのはずれたメガネと
はずれたレンズが転がり出てきた。


仕方がないので
メガネをつくった店に出向いて修理を頼んだ。


「前回の検眼から6か月経っています。
検眼をしましょう」



どうやら、6か月ごとに
検眼をすることになっているらしい。
まあ、子供の検眼はタダだから、
やってもらおうということになる。


「少し度が進んでいます。
新しいメガネをつくりましょう」



まあ、この店は、子供のメガネはタダだから、


「じゃあ、つくってください」


ということになる。


ところが、その2代めのメガネも、
3か月もしないうちに柄がもげた。


3代めは、
柄がゆがんだだけだったので
針金を巻いてイアンが修理した。


4代めは、
両側の柄が針金で
がんじがらめにになっている。


けれども、
もう6か月以上もたせているから
そろそろ次の検眼の時期である。


子供のメガネフレーム、
いくらやわでも文句はでない。
次々新しいメガネをつくることになっても
文句はでない。


何しろ、
お代の請求書はお上のもとへ。


さては、
こうしてむしばまれてきたのか。
イギリスの「揺りかごから墓場まで」……。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | ほのぼの家族のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。