スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雪に閉じこめられた土曜日のキッチンで
2013/01/28(Mon)
ここのところ、
雪に閉じこめられているわが家。
土曜日は、朝からずっと
キッチンに閉じこもってすごしました。


まず、朝食後、とりかかったのは、
ランチ用のあんぱん。
今回は、ローフで焼いて、
ちぎりあんぱんにしてみました。

P1090450z.jpg

何せ室温も低めなので、
発酵に時間がかかってしまい、
ちょっと遅めのランチに……。

P1090461z.jpg

でもね。
2次発酵は1次発酵より高めの温度で、
時間を短めにっていうのが、
一般的なレシピだけれど、


Practice makes perfect.
(習うより慣れろ)」って本当ですね~。
発酵は低めの温度でゆっくりするほど、
きめが細かい生地になると発見。


大きな気泡ができて、
これなんとかならないかなあ~。
と悩んでいた問題が解決しました。


しっとりきめ細やかな生地の
パンを焼きたいときには
一度お試しくださいませ。


さて、遅めのランチのあとに
とりかかったのは、餃子の皮作り。

P1090466z.jpg

と言っても、
この皮、餃子用ではなくて、
餃子の皮入りスープ用です。


ちなみに、
餃子の皮入りスープって、
こんな感じ。

P1090435z.jpg

最初は、りちぎに餃子を作ってから
スープにうかべて餃子スープを作っていたのでしたが、
ある日、面倒だから皮だけスープにうかべたところ、
つるつるして美味しいことを発見。


以来、
わが家の食卓から餃子スープは姿を消し、
餃子の皮だけスープが定番に。


具は、その日に冷蔵庫にある肉や野菜。
ときには、とき玉子も。
ご飯にぶっかけてあるので、
餃子の皮ライススープと呼んでます。


これが、寒い日には、
とっても体があたたまる逸品なもので、
今では餃子より頻繁に食卓にならぶ
夕食メニューになってます。


ダイニングテーブルで、
餃子の皮をのしているわたし、
キッチンのワーキングサーフェイスで
たち働いているイアンに、


「何枚作ってるの~?」


「7枚。いや、8枚になるかなあ」


「こっちは、50枚だよ~」


「でも、大きさがちがうじゃないか」


まあ、たしかに、大きさはちがいますけど……。

P1090469z.jpg

イアンの作っているのは、
夕食にカレーといっしょに食べるチャパティ。


これをフライパンで両面焼き、
このあと食卓にならんだカレーは、

P1090472z.jpg

じゃがいもとほうれん草のカレー、アルサグと、
モンビーンズのカレー、モンダル。


たっぷりとヨーグルトをかけ、
スパイシーな野菜のピクルをそえて、
焼きたてのチャパティに包んでいただきま~す!


ふと気がつくと、
冬の日はとっぷりと暮れおちて、
ダイニングキッチンからのぞむ庭には、
夜のとばりがたたずんでいるのでありました。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。