スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本から来ましたっ!
2013/02/02(Sat)
その昔、イングランド北部、
北海をのぞむハートリプールの浜辺に
生きたサルが漂着した。


ハートリプールの人々は
それまでサルという生き物を
見たことがなかった。


そこで、サルは不審者として
裁判にかけられることになった。


理解不能の言葉をしゃべる。
ということは、
フランス人にちがいない。


そうか。
こいつは、敵国フランスのスパイだ。


というわけで、
裁判の結果、
サルはしばり首の刑に処せられた。


結婚当初、
そんなサルについての逸話の残る
ハートリプールから車で
1時間半ほどの田舎に住んでいた。


ある日、
うちからそう遠くない
村はずれのお城へ
イアンと2人で散歩に出かけた。

P6260011zz.jpg

お城を見てまわって、
そろそろ帰ろうかというとき、
門のあたりに人影が……。


作業着姿に、
ほうきを持ってうろうろしている。


どうやら、
管理人のおじさんだ。
こりゃあ、マズイ。


実は、このお城、入場料をとるのだ。
それをわきの方から
こっそりとお邪魔していたイアンとわたし。


ややっ。
おじさん、どうやら
こちらに気がついたらしい。
ひょこひょこ近づいてくる。


マズイ。非常に、マズイ。
しかし、ここで回れ右をして
かけ出しでもしたらもっとマズイ。


と、思うまに、おじさん、
わたしたちのところへやってきた。
黙っているわけにもいかない。


「ハロー」


イアンが声をかけたのをきっかけに、
ぼそぼそと世間話をはじめた。


いったい、次は何を言われるか冷や冷やしていると、
なんと、おじさん、今度は、わたしの方へ向き直った。


おそらく、
これまでに東洋人を見たことがなかったのだろう。


そのおじさんが、
そのあと、わたしに向かって言ったことには、


「もしや、あんたさんは、
フランスから来なさったのかい?」







夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | ほのぼの家族のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。