スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
キーサイドのサンデーマーケットから街へ
2013/02/06(Wed)
ニューキャスル市の
東のはずれに位置するわが家から
1時間ほど歩いてキーサイドへやってきた
わたしたち。


ニューキャッスルのシンボル、
タインブリッジの橋のたもとにたつ
サンデーマーケットを
のぞいてみることにしました。


百聞は一見にしかず。
というわけで、ぶらぶら歩きながら、
まあ、ごいっしょに、ごらんあれ~。

P1090685z.jpg


P1090686z.jpg


P1090689z.jpg

この左手の黒いおおいと赤いカーテンの場所に、
「のぞいてみてね~」と書かれていたので、
では、ちょっとおじゃましま~す。

P1090690z.jpg


P1090691z.jpg


P1090692z.jpg


P1090696z.jpg


P1090697z.jpg


P1090698z.jpg


P1090699z.jpg


P1090700z.jpg

雑貨小物から日用品、
骨董品に写真、ポスター、
ハンドメイドのグリーティングカード、


植物、ガーデニング用品、手芸品、
セカンドハンドの本やレコード類、
衣類、アクセサリー、装飾品、置物などなど。


食べ物は、フィッシュ&チップス、
ホットドッグにハンバーガー、
ドイツのソーセージ、ブラッドバスト、
インディアンカレーに、カリブ海料理、


コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、
ドーナツ、チュロス、カップケーキにブラウニー、
クッキー、キャンディー、ファッジ、チョコレート、
ポップコーン、綿あめなどなど。


朝食直後でお腹はまだ空いておらず、
とくに目について欲しいと思うものもなかったので、
タイン川ぞいのキーサイドから
ニューキャッスルの街へむかうことにしました。


正面奥に
宝冠のような尖塔のてっぺんが見えているのが、
セントニコラス大聖堂。

P1090705z.jpg

その向こうに
ぎやかな市街がひらけているのですが、
まずは、この通りの左手から。

P1090711z.jpg

このあたり、
陸路より海運に頼っていた時代の
古い建物が残っている地域なのです。


じょじょに視界を右方向に転じると、
建物のあいだに見えているのは、
タインブリッジ。

P1090713z.jpg

さらに、右手へ。
建物の背後も、タインブリッジ。

P1090714z.jpg

まだまだタインブリッジはつづく。

P1090720z.jpg

さらに、つづいて、

P1090718z.jpg

タイン川を渡っているのです。


ところで、このタインブリッジ、
どこかで似たような橋を見たような
と思われませんか?


イギリスからいうと地球の反対側、
オーストラリアのシドニーにかかる
ハーバーブリッジに似てませんか。


ハーバーブリッジの方が、断然有名なので、
タインブリッジを見た人は、
ハーバーブリッジに似ているなあと
思われるのではないかと。


でも、ほんとうは、
ハーバーブリッジの方が、
タインブリッジに似ているのです。


鉄骨のアーチの形は言わずもがな、
アーチの両端にある
石造りの部分もそっくり。


それもそのはず。
ハーバーブリッジをかけたのは、
タインブリッジをかけたのと同じ
イギリスの地元の会社なのです。


と言うわけで、
橋のサイズと知名度は、
ハーバーブリッジってことになりますが、


橋のデザインに関しては、
タインブリッジがオリジナル
なんですよね~。


それにしても、
タインブリッジをかけた会社、
ラッキーだったのではないかと思います。


後世、世界的に有名になる
ハーバーブリッジをかける前に、
コンパクトなタインブリッジで
試作できたってわけなのですからね~。


あらら……。


わたしがパシャパシャ、
カメラのシャッターを
切っているあいだに、


とことこ道路を横ぎって、
いったい、イアンは
どこに行ったのかと思っていたら、


パトロールの警察官に
つかまって、職務質問されてる?

P1090715zz.jpg

じゃ、なくて、
イアンの方が
何か質問してますよ~。


イアンが警察官をつかまえて、
聞いていたのは、
とある場所だったもよう。


「おお、ここだ」


と言って入っていくので、
ついて行ってみると、

P1090725z.jpg

わぁ、おもしろそう~。
ここのぼったらどこに出るのかな。

P1090724z.jpg

ふり返ると、腕組みし、
こんな看板をしげしげと見入っているイアン。

P1090723z.jpg

東日本大震災のおりに、
ちょうど日本にいた写真家が
写真展をしているとのこと。


ですが、残念ながら日曜日はお休み。
イアンのオフィスからは目と鼻の先なので、
いつでも見に来ることができるのですが、
どうやらいっしょに来たかったらしく、


「じゃあ、また出直すことにしよう~」


ということに。


そんなこんなを話しているうちに、
古びた石段がどこへつづいているのか、
おもしろそうでのぼってみたかったこと、
頭から飛んじゃってました。


写真展を見にきたときには、
忘れずにのぼってみよう~。


「おいおい、イアンちゃ~ん!」


わたしが看板の写真を撮っているあいだに、
またもや姿をけしてしまったイアン。


あ、あんなとこに~。

P1090733z.jpg

この鉄道の高架橋の右手には、
ニューキャッスル中央駅があり、
左手のだらだら坂をのぼっていくと、
セントニコラス大聖堂がそびえています。


右手のだらだら坂をのぼっていくと、
紅茶で有名なアールグレイのモニュメントへ向かう
グレイストリートへ。


わたしたちは、右手の道をとり、
ニューキャッスルの街へとのぼっていったのでした。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | わが家とその周辺 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。