スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ニューキャッスルの街からわが家へ
2013/02/08(Fri)
タイン川ぞいのキーサイドから
鉄道の高架橋をくぐって、

P1090733z.jpg

しばらく行くと、

P1090736z.jpg

ニューキャッスル中央駅への道と交差する十字路へ。

P1090737z.jpg

この十字路をまっすぐ行くと、
アールグレイのモニュメントへ出るのですが、
右手の方向へ迂回して、東側から市街の中心へ向かいます。

P1090740z.jpg

わき道には、いまだに、
石畳の路地も残っています。


この建物の正面入り口の文字、
小さくて判読がむずかしいですが、
英語でポリスステーションと書かれています。

P1090742z.jpg

つまり、ここが、ニューキャッスルの警察署で、
その左隣が簡易裁判所。


交通違反や軽犯罪などの場合は、
キーサイドの高等裁判所ではなく、
こちらの裁判所へ出廷します。


さて、
警察署をすぎると、
いよいよ市街の中心地へ。

P1090745z.jpg

右端に見えているのが、
紅茶でもおなじみの地元出身の英国首相
アールグレイのモニュメント。


地下鉄の駅や、
ニューキャッスルのショッピングセンター、
エルドンスクエアの入り口もあります。


わたしたちは、右手の方向にある
ニューキャッスルの一番にぎやかな通り、
ノーサンバーランドストリートへ。

P1090748z.jpg

日曜日のせいか、人通りはまばら。

P1090749z.jpg

キリスト教の教えでは
日曜日は安息日であるために、
お店はどこも閉まっていたのですが、


日曜日にも6時間営業できるという
法律が施行されて以来、
開店しているお店が多くなったので、
以前に比べると、これでも人は多いのですけれど。


通りのあちこちには、
ストリートパーフォーマーの姿も。


マネキンタイプのパーフォーマーを
3人ばかり見かけたもので、
そのひとりを遠目から失礼して。

P1090753z[1]

ノーサンバーランドストリートのむこうには、
ニューキャッスル大学のキャンパスがあります。


正面に見える石造りの建物も、
階下は民間のお店になっていますが、
階上は昔のホテルを改装した大学の学生寮。


ですが、わたしたちはこのあたりで、
ノーサンバーランドストリートを右折し、

P1090754z.jpg

市内にあるもうひとつの大学、
ノーサンブリア大学のキャンパスを
横ぎって郊外へ。

P1090759z.jpg

キャンパス内は、京都の大学でいうと、
同志社って雰囲気でしょうか?
昔の教会も、大学の建物として利用されています。

P1090763z.jpg

キャンパスを横ぎる道のあいだに、
ニューキャッスルの市役所
シビックセンターが見えます。

P1090760z.jpg

この先あたりから郊外というたたずまいにはなるものの、
帆船のマストを模した橋のあちら側にも、
ノーサンブリア大学の講義棟や学生寮が建っています。


左手正面の講義棟は、
映画館と駐車場だった広大な敷地を買い取って
近年、新築されたもの。

P1090766z.jpg

日が暮れ落ちると、虹色にライトアップされて、
高速道路を行く車のドライバーたちの目をひきます。

P1090767z.jpg

セントラルモーターウェイと呼ばれるこの高速道路は、
イギリス最大の陸上競技大会グレートノースランの
出発点として知られています。


(ロンドンマラソンより出場者の多い
ハーフマラソン大会グレートノースランについては、
こちらこちらこちらをご覧ください)


セントラルモーターウェイの外側には、
住宅地が広がっています。
このあたりはほとんどが公営住宅。


ほとんどがレンガの2階建てですが、
イギリスではあまり好まれない
高層の集合住宅も。

P1090769z.jpg

晩秋には花火大会の会場ともなる
シティースタジアムのわきをかすめ、

P1090771z.jpg

郊外の住宅地はつづきます。

P1090773z.jpg

このレンガ長屋の手前の壁には、
わが家がこの辺りに住んでいたころには
なかったこんな壁画が。

P1090772z.jpg

帰りは、公園へは入らずに、
ヒートンと呼ばれるこの地区のメインストリート、
ヒートンロードを歩きます。

P1090776z.jpg

古くからの通りヒートンロードには、
大きな家々や教会が建ちならんでいます。

P1090774z.jpg

(ヒートンロードぞいの家々は、こちら
教会は、こちらをご覧ください)


この右手がユインの通っていた小学校、
もうわが家は目と鼻の先、

P1090778z.jpg

なのに何でなんでしょうねえ~。


あたりが心なしか
明るくなってきたと思ったら、
空には、青空が……。


ですが、
わが家にたどりつくころには、
再び、空はどよよ~んと
かきくもってしまいました。


というわけで、
お天気には恵まれなかったものの、
久しぶりの街への散歩、


歩いた時間は2時間半ほど、
距離は10キロあまりの
なかなか楽しいウォーキングとなりました。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | わが家とその周辺 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。