スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「ラー油」か「チリオイル」か? そして、「ウスターソース」って?
2013/02/14(Thu)
前回、アップした
これなんですが……。

P1090818z.jpg

ふと思い出し、
ネットに流れているレシピを
検索してみたのです。


市販のラー油を購入していたときに、
ホームメイドできないかなと思って、
調べてみたことがあったので気になって。


そしたら、案の定、
「ラー油」は、唐辛子、その他の材料を
熱した油で調理したもの
ということらしいのです。


ちなみに、
「ラー油」の漢字表記は、
「辣油」であり、


こちらのチャイニーズスーパーで
売られているラー油のラベルには、
「辣油」とか「辣椒油」とかという漢字と、
Chili oil(チリオイル)」という英語が併記されているもので、


ブログ記事のタイトルや内容にも、
「ラー油」と書いたのですが、
油を加熱するという調理法から考えると、


前回アップした「ラー油」の油には
火を通してないので
日本で言う「ラー油」ではないのかな?


もしかして、「チリオイル(Chili oil)」と
すべきだったのかなあなどと思い、
今度は、「チリオイル」で検索してみると、


こちらは
火を通さないレシピが出てくるものの、
使われている油はオリーブオイルで、
イタリア料理用らしいのです。


つまり、日本語では、
「ラー油」は、
油に火を通した中華料理用の唐辛子油、


「チリオイル」は、
イタリア料理用の唐辛子を
オリーブオイル漬けにした油、
ってことになるらしいのです。


というわけで、
前回のブログのタイトル、苦肉の策をろうして、
「超簡単、火を通さないラー油!」に変更いたしました。
ご了承くださいませ。


ちなみに、「ラー油」を作るときに油に火を通すのは、
唐辛子の辛味や味を引き出すためだと思うのですけれど、
ごま油でつくる場合、ごま油の香りは高温にすると
とんでしまいます。


なもので、ネットに流れている「ラー油」レシピには、
あとでごま油を追加するというレシピもあるのですが、
その場合、追加されたごま油の分の香りってことに。


まあ、それぞれのお好みによるかとは思いますが、
火を通さないごま油使用のレシピって、
ごま油の香りの好みのわたし向きのレシピだったんだ~。
と再認識したわたしなのでした。


はあ~っ。それにしても、
きっちりとした訳語を探すって、
なかなかむずかしいものですよね~。


と、
それで思い出したのが、
このソース。

P6030032z.jpg

ご存じでしょうか? 
もしかして試されたことないでしょうか?


イギリスのウスター州(Worcestershire)の
ウスター(Worcester)が発祥の地のソースで
世界中で出回っているということなのですが。


イギリスでは、
写真のラベルでもごらんいただけるように、
「ウスタシャーソース(Worcestershire sauce)」と
呼ばれています。


そして、日本では、
「ウスターソース」と
呼ばれることが多いもよう。


ところが、実は、



それが、くせ者なんですよ~!



わたしは、
このまぎらわしい名前のために、


日本のウスターソースと
このイギリスのウスターソースとは、
まったく同じものなのだと、
長年、信じ込んでいたのです。


ところが、
日本のウスターソースの名前は、
イギリスのウスターソースに由来するものの、


その実態は、
大豆が主原料のしょう油と
魚が主原料のナンプラーやしょっつるのような
大きなちがいがあったのです。


つまり、日本のウスターソースは、
トンカツソース同様、
野菜や果物など100%植物性のソース。


ところが、
イギリスのウスターソースは、
植物性の材料も使われてはいるものの、


ナンプラーやしょっつると同じく
魚を原材料とした、いわゆる、魚醤なのです。
具体的にはアンチョビーが使われています。


ですが、
ナンプラーやしょっつるに比べると、
使われている魚の割合が少ないせいなのか、
魚くささが感じられないのです。


だから、まぎらわしい名前にわたしの味覚、
ころりとだまされてしまったのでしょうか?


15年ほども、この同じ名前のソース同士を、
まったく同じものだと思い込んで使ってました。


現在も、日本のウスターソーズの代わりに
イギリスのウスターソースを使っています。


ですが、
イギリスのウスターソースを使うたびに、
日本のウスターソースとの味のちがいが
いかなるものなのか気になって仕方がありません。


もし、この両方のウスターソースを
試されたことがある方がいらっしゃったら、
その味のちがいについてお知らせくださいませんか?


日本でポテトチップスと呼ばれているものが、
イギリスでは、クリスプスと呼ばれ、


イギリスで、チップスと言えば、
極太フライドポテトであることは、
すでに日本でも広く知られているようですが、


はてさて、アンチョビー入りの
イギリスのウスターソースに関しては、
いかがなものなのでしょうか?






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | 役に立たない実践英語講座 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。