スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イギリスの田舎をドライブしていると
2013/04/15(Mon)
今日は、街ではそうそうお目にかかれないけれど、イギリスの田舎をドライブしていると見かける田舎道ならではの風物をご紹介しようと思います。

P8290001x.jpg

まずは、ドライバーの注意を喚起する道路標識。

PC240138x.jpg

田舎道では、赤い三角形の中に、牛、馬、シカ、リスなどそのあたりに出没する動物のシルエットが描かれている標識を見かけることがあります。実際に、道路標識に描かれている動物にお目にかかるのはまれですが、車窓からながめる道ぞいにこのような道路標識が立っているだけで、ああ、のどかな田舎へやってきたんだなあ~。という気分になります。


中には、赤い三角形の中に、「!」なんていうデザインの道路標識もあります。その三角形の標識の下に、「この先急な下り(Severe Dip)」とか、「突如、現れるてっぺん(Blind Summit)」とか、短い説明がついています。多少の勾配があってもまっすぐに伸びている道はもしかすると古代ローマ時代に築かれた道なのかもしれません。

P4080038x.jpg

古代ローマ時代、イギリスはイングランドの北辺までローマ帝国の領土となっていたので、当時、古代ローマ帝国が誇っていた先進土木技術を駆使してあちこちにローマ帝国の軍用道路が建設されたのでした。そのころイギリスはまだどこもかしこもド田舎だったので、ローマ帝国は自然の地形以外の障害物にはばまれることなくまっすぐに伸びる道を造ることができたのでした。そして、その古代ローマ時代の軍用路は、今も現役の道路として使用されているのです。


道幅のせまい田舎道を走っていると、のろのろ運転のトラクターや羊や牛などの家畜の群れの移動のあとに続かねばならないことがあります。その場合は気長になりゆきを見守るほかありません。本来は牧草地内にいなければならない家畜が道路にさまよい出ていることもありますが、驚かさないように徐行していると家畜の方から道をあけてくれることでしょう。

PA140044x.jpg

そのほかにも牧草地のゲートが目の前に立ちはだかっていることがあったり、

P6040092x.jpg

ゲートのように開け閉めをする手間がいらないキャトルグリッド(Cattle Grid)と呼ばれる鉄格子が道路にはめこまれている場合もあります。

PC260055x.jpg

ガタゴト言いながらも車のタイヤは鉄格子の上を渡っていけますが、鉄格子のあいだは深いみぞになっていて、牛や羊は歩いて渡っていくことができない仕組みになっています。

PC260058x.jpg

特定の牧草地内に家畜をとどめておくためのちょっとしたアイデアというわけなのです。


こちらは家畜とは関係ありませんが、田舎道では目の前の路上をせせらぎが横切っていることもあります。

P106000x.jpg

この路上のせせらぎ「フォード(Ford)」と呼ばれています。歩行者には横手に橋がもうけられているのですが、車は水につかって渡っていかざるをえません。大雨のあとは車では渡れない深さになっていて残念ながら先へ進めない場合もあります。その場合は、まあ仕方がないなとあっさりあきらめるよりほか手はありません。


ですが、ご安心ください! 車で渡れない川にはちゃんと石橋がかかっています。ただ、ちょっと変わっているのは田舎の石橋には信号待ちがある場合も。

P8060021x.jpg

実は、この立派な石橋、車が行き違えるほどの幅がないのです。

P8060045x.jpg

前方、信号の手前で対向車が信号待ちをしています。とにかく古いものを大切にするイギリスの人たち、車が普及したからといって車が行き違える幅の橋に架けかえたりはしないのです。それに整然と行列に並び、じっと我慢の子で待つ国民性をそなえたイギリス人、橋を渡るのに信号の変わるのを待つことなど何でもありません。(このイギリスの人々の気質、どちらも見上げたものだと思います)


ところで、もっと田舎の信号機のない小さな石橋の場合には、いささか事情が異なってきます。イギリスを車で走ったことのある方はお気づきなのではと思うのですが、イギリスの路上では車のクラクションを聞くことはまずありません。よほどのことがない限りイギリス人ドライバーはクラクションを鳴らさないのです。

PC010095x.jpg

にもかかわらず、田舎の石橋のあるあたりを歩いているか、または車で走っていると、突然、のどかな静寂を破ってクラクションが聞こえてきてびっくりしてしまうことがあります。橋の幅は車1台がやっと通れる程度、しかも橋が弓なりにかかっているので橋の向こう側は見えません。そこで、クラクションを鳴らし、これからこちら側から橋を通りますよと橋の向こうにいるかもしれない対向車に知らせるというわけなのです。


また、イングランドではあまり見かけないのですが、スコットランドの田舎や島々へ行くと橋のみならず、車1台がやっと通れる程度の道幅しかない道がけっこうあります。そういった道には、数十メートルおきに、道路のこぶのようなふくらみが設けられています。

P1150275z.jpg

対向車がやってくると、パッシングプレイス(passing place)と呼ばれるこの道路のふくらみに頭を突っ込んで対向車を行き違わせるのです。のどかな田舎に似合う、何とものどかなドライブ風景だと思われませんか。


さらに、田舎道を走っていると田舎へ行くほど古い建物も残っているので、ちょっとドライブの足を止めたくなるような思いがけない出会いもあることでしょう。

P7290111x.jpg

田舎のドライブは、景色をながめながら寄り道をしながら、ゆっくりのんびりと行きましょう。

P6260022x.jpg

急いで通りすぎて、せっかくの素敵な風景との出会いをついうっかり見すごしてしまわないようにね。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | 田舎へお散歩 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。