スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
津波の写真展を見に街へ その1
2013/03/01(Fri)
2月はじめの日曜日、
タイン川沿いにたつ
サンーデーマーケットを冷やかしに
散歩に出かけたついでに、


(そのときのもようは、
こちらこちらこちら
ご覧ください)


東日本大震災の「TSUNAMI」と題された
写真展を見てこようと思ったら、
ギャラリーが日曜日はお休みだったもので、


それじゃあ、また平日に思いつつ、
なかなか出かけられないでいたのでしたが、
ようやく出かけてきました。


今回は、
パン屋さんでランチしよ。
につられたユインもいっしょ。


ユインは、毎日、街の大学へ、
バス通学しているのですが、


「こんなお天気にもったいない。
母さんと歩いていこうよ~」



と言うと、
しぶしぶながら歩いていくことになりました。
うきうき。


イアンとは、
タイン川沿いのオフィスで
落ち合うことになっています。


というわけで、
ユインとぶらぶら、
街へ向かったところ、


ご近所の路上に、猫が……。


そして、

P1100224z.jpg

「え~っ。ユイ~ン。
そんなことして、だいじょうぶなの~?」



ユインは、猫にさわると、
またたくまに目をぼんぼんに
はらすほどの猫アレルギー。


小学校の高学年まで、
猫の姿を見かけると、道路の反対側まで
大回りをするほどだったのですが、


ティーンエイジャーになってからは、
じょじょに症状がやわらいで、
猫にさわってもだいじょうぶだったよ。
などと言っていたことはあったのですが、


ほんとうだ~。


「ねっ。だいじょうぶでしょ?」


う、うん。そうみたいだね。
でも、待ち合わせ時間に着けるように、


「そろそろ行こうか?」


「うん。そうだね」


と言っている目の前で、

P1100227z.jpg
P1100228z.jpg
P1100230z.jpg

「あれっ。もう行っちゃうの?」


「うん。じゃまたね~」


と言っても、
それがいつなのかは、
わからないのだけれどね。
見知らぬ猫さん。


途上で見かけた、
ちょっと素敵なおうちも
カメラにおさめ、

P1100238z.jpg


P1100239z.jpg

おしゃべりしながら40分ばかり歩くと、
イアンのオフィスのあるタイン川沿いの
キーサイドへやってきました。

P1100247z.jpg

青空のもとだと、
キーサイドの風景も見違えるよう。
イギリスの絶景ベスト10のひとつに数えられるのも、
うなづけたり……?

P1100257zz.jpg

蒸気機関車の父ジョージ・スティーブンソンの息子、
ロバート・スティーブンソンの設計による
二階建ての鉄道橋ハイレベルブリッジの


階上を電車が、
階下を二階建てバスが通っていたので
撮ってみました。


歩いている後ろ姿の人物は、
たまたま写真に写ってしまった通行人で、
落ち合ったイアンではありません。


イアンは、こちら。

P1100271z.jpg

仕事の昼休み中に、
写真展見物とランチをする予定なので、
ちょっとあせっているのでしょうか。
さっさか、ギャラリーへと向かいます。

P1100276z.jpg

この奥の右手が入り口。

P1100281z.jpg

階下には、
地震以前と以後の場所を撮った
モノクロ写真が、

2階には、
地震後のカラー写真が
展示されていました。

P1100282z.jpg

イアンが気に入ったのは、
手前に展示してある、
津波に被災した写真を撮った写真。


これは、
その写真を撮った写真、
というわけですね。


さて、
ギャラリーをあとにした
わたしたち、


というか、わたしが、
前回訪れたときから気になっているのは、
この真ん中がすりへっている石段は、
どこへ通じているのかっってこと。

P1100278z.jpg

で、今回は、のぼってみました。

P1100292z.jpg

すると、正面には、苔むした石塀が立ちはだかり、


通路となっている鉄格子は、

P1100293z.jpg

施錠されていました。


ここって天下の公道ではなくて、
どうやら私有地のようですね。


というわけで、
正面の道へ引き返し、
前回と同じ坂道をのぼり、
鉄道の高架橋をくぐって、

P1100298z.jpg

前回は、右手の道をのぼって
街の中心へ向かったのですが、


ランチをすることになっている
パン屋さんは左手の方向なので、
今回は、左の石畳の坂をのぼります。

P1100299z.jpg

目的のチャイニーズのパン屋さん
「ブレッドポイント」に到着。

P1100327z.jpg

お店の奥にカフェが併設されています。

P1100335z.jpg

向こう側の、ソーセージパンと
ピーチ&カスタードクリーム入りのメロンパン、
チャーシュー入りパンがイアンの。


手前の、クリームパンとあんぱんがわたしの。


そして、これみ~んなユインの。

P1100329z.jpg

ミニメロンパン、ビーフカレーパン、
カスタードクリーム入りメロンパン、
ミニソーセージパン。


飲み物はコーヒーを注文して10ポンド弱。
ってことは、日本円に換算すると、
1,500円足らずってところでしょうか。


イギリスのカフェで、
このお値段ならひとり分なので、
激安ランチのうえに、


日本のパン屋さんのパンよりは
いささか劣るとは思いますが、


イギリスで
日本のパン屋さんで売られているような
このようなパンを売っているお店は、
ごくごく稀なので、


わが家、
街でランチをする機会があると、
必ず、このお店にやってきます。


というか、
日本のパンが恋しくなると、
この店に来るために街へ
やってきたりもします。


さて、このあと、
イアンは来た道をくだって、
キーサイドのオフィスへ。

P1100338z.jpg

ユインも、
バスでうちに帰ると言うのですが、


わたしはもう少し街にとどまって、
このまたとない青空のもとを
散歩することにしたのでした。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | わが家とその周辺 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。