スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
なんちゃってバターロールいろいろ
2013/04/19(Fri)
ここのところ、
ま~るいパンを作りつづけているので、
今度は、ま~るいバターロールを
焼いてみようかな~。


みたいなノリで、
まずは、プレーンなバターロールを
焼いてみました。

P1110346z.jpg

と言いたいところなのですが、
バターをはじめとして乳製品のにおいが苦手なわたし、
洋菓子同様、パンを焼くのにも、
無塩のベーキング用マーがリンを使っています。


なもので、厳密には、
ベーキングマーガリンロールなのですが、
さまにならないので、
なんちゃってバターロールということで。


ころんとまるい形を目指したのですが、
ラムレーズンのは、
思ったようにころんとはいきませんでした。

P1110352z.jpg

ですが、
ラムレーズンのラム酒のせいか、
多少水分をひかえたものの、
やわらかでしっとりなのが焼けました。


やわらかすぎてちぎると、
くずれちゃいましたが、
こんな感じ。

P1110376z.jpg

ラム酒の香りがほんのり。


次に試してみたのは、
生クリーム入り。


いつも使っている
液状のスキムミルクの
半分ほどを生クリームに
おきかえてみました。

P1110415z.jpg

そしたら、
脂肪分が多いせいか、
みるみるうちに焦げ色がついたうえに、

P1110427z.jpg

さすが生クリーム効果、
生地のしっとり感がバツグン。


ユインは、ひと口食べるなり、
「これいい!」とのことなのですが、
乳製品苦手のわたしにはいささか濃厚すぎ。


そこで、次は、
巨大マフィン型で試して、
見かけは無骨ながら、


やさしい甘みの
なんともやわらかいパンがやけたので、
メープルなんちゃってバターロール。

P1110471z.jpg

ところが、あれれ。
メープルシロップを生地にまぜ込んだせいなのか、
メープルシロップの味が、
まったくしないんですよ~。

P1110479z.jpg

砂糖全量分を
メープルシロップにおきかえたんですけど。
おかしいなあ~。


ほかにどんな
なんちゃってバターロールが焼けるかな~。
と考えて思いついたのは、コーヒー。

P1110673z.jpg

味は、ほんのりコーヒー風味が
わたし好みではあるのですが、
焼き色があんまりよくわからないなあ。


というわけで、
コーヒーを生地のあいだに
くるくる巻き込んで焼いてみました。

P1110550z.jpg

けっこうコーヒー入れたんですが。

P1110607z.jpg

コーヒーというより
チョコレートの味がするのは、
なぜ……?


まあ、これはこれで
美味しかったんですけど。


「じゃ、この中で一番美味しかった
なんちゃってバターロールは?」



と聞くと、


「生クリーム入り」


と、ユイン。
だと思った。


「イアンちゃんは?」


「生クリームとラムレーズンかな」


うん。そうだろそうだろ。
わたしも、やっぱり、ラムレーズン。


「じゃあ、次は、
どんなバターロール食べたい?」



「中に、たっぷり、
カスタードクリームが入っているやつ!」



って、イアンちゃん、
生地をくるくる巻いてうず巻きの層を作るバターロール、
そのくるくるな食感がバターロールの持ち味
じゃないの。


そのまん中に、たっぷりカスタードクリーム入れろって、
それは、バターロールの構造上、
ちょっと無理な相談なのじゃないのかなあ~。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | お料理日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。