スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イギリスの田舎四季折々・春
2013/04/24(Wed)
四季折々、イギリスの田舎は季節の移ろいとともにさまざまな表情を見せてくれます。季節を追いながらそれぞれの季節ならではのイギリスの田舎の風物詩をスケッチしてご紹介していきたいと思います。まず、今回は、春……。


イギリスの春は、サマータイム(夏時間)やイースター(復活祭)とともにやってきます。イギリスのサマータイムは、毎年、3月最終週の日曜日の深夜午前1時にはじまります。実際には、時計を1時間進めるだけなのですが、その日を境に日没が1時間遅くなり、ぐっと日が長くなったように感じます。


イースターは、十字架にかけられたイエス・キリストの復活を祝うキリスト教のお祭りです。毎年、何月何日と決まっているわけではなく、春分後の満月の次の週末と定められているので、月の満ち欠けによって多少早くなったり遅くなったりします。早い年は3月の下旬、遅い年は4月の中旬の週末にイースターがやってきます。イースターの週末の前日の金曜日がグッドフライデー(Good Friday)、週明けの月曜日がイースターマンデー(Easter Monday)の祝日となり、4連休となります。


このサマータイムとイースターがやってくると、いよいよイギリスの行楽シーズンの幕開けです。冷たく凍てついて気の遠くなるほど暗く長かった冬のトンネルをぬけだして、春=「Spring(はずむ)」の文字通り、イギリスの人々は、心はずませて到来した春の中へ飛び出していきます。

P5220015xz.jpg

自然の中に足を踏み入れると、冬のあいだ、茶色く枯れていた草や木の葉がいっせいに萌えたって、目のさめるような新緑であたりの景色をいろどっています。

P5220012xz.jpg

ガーリックの強いにおいがたちこめていると思ったらせせらぎぞいの木陰にワイルドガーリックの可憐な白い花が開いていたり、わらびが冬枯れた大地の底からゲンコツの形の頭をすっくともたげていたりします。イギリスの人は食べないようですが、このワイルドガーリックもわらびも食用になります。

P4220073z.jpg

日本でも見かけるスミレやタンポポもよく見かける野の花ですが、イギリスの春と言えば、ブルーベル。森陰一面をブルーベルの花が埋めつくしている風景に出会うこともあります。


野原に足を進めると、牧草地の緑もあざやか。

P4290056z.jpg

牧草地の緑にまじって指先ほどの可憐な黄色い花が咲いているのを見かけることがあるかもしれません。そのありふれた野の花バターカップには不思議な力が宿っています。バターカップの花をだれかさんのあごの下に持っていき、もしあごの下が黄色く染まって見えれば、そのだれかさんはバターが好きなのだとバターカップが教えてくれるです。ですが、どうやら春の明るい陽光に照らされる野原では、バター嫌いの人は見あたらないようですよ。

P4080021xz.jpg

春の牧草地では、パブリックフットパスの道しるべや農家のゲートなどで、こんな注意書きに出くわすことがあります。


春は、子羊ラム(Lamb)の生まれるシーズン(Lambing Season)。農家と親羊にとっては、1年で1番神経質になる時期なのです。親羊と子羊たちに危害をくわえたり、驚かせたりしないようにする気遣いが必要です。実際、まだへその緒をぶらさげているようなほんとうに生まれたての子羊にも出くわしたりしますからね。とは言え、やっぱり、子羊を見かけると、ついつい足を止めてしまいます。

P4090012xxxz.jpg


P4090014xxz.jpg


P4090018xxz.jpg


P4090050xxz.jpg

そして、向こうも、こんなふうに足をとめてくれると嬉しくなって話しかけてみたりね。

P4150091z.jpg

春の野に、新しい命をさずけられるのは、どうやら子羊だけではないようです。

P4080016xz.jpg

もしかすると、この子うさぎがイースターバニーなのかもしれません。言い伝えによると、イースターバニーが子供たちにイースターエッグを運んでくるとされています。イースターエッグはイースターのお祝いに子供たちがもらう卵。昔はゆで卵に色が塗られたものでしたが、今は卵の形をしたチョコレートです。イースターが近づくと、お菓子屋さんの店先やスーパーの棚に所せましとならびます。


春の野には、日本でもおなじみの花も……。

P4080013xz.jpg

日本と比べると気候が寒いせいか。スイセンの時期もいささか遅いような気がします。

P5280020xz.jpg

今の日本では、あまり見かけなくなったかもしれませんが、イギリスの春の野原には新緑の緑の中に色鮮やかな黄色いパッチワークをほどこしたかのような菜の花畑が出現して人目をひきます。この菜の花の菜種からとれた油が、イギリスの伝統的なファーストフード、フィッシュ&チップス(白身魚の巨大天ぷらと太っちょフライドポテト)の揚げ油になるのです。

P5080016xz.jpg

菜の花の収穫が終わるころイギリスの春は行き、夜の10時をすぎてもまだあたりの明るい1年で1番活気に満ちた夏を迎えます。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | 家族のご紹介 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。