スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
湖水地方ヘルベリン山へ登る
2013/08/21(Wed)
5年前の夏にはじめて登って、
湖水地方の山の中では最も印象深かった
ヘルベリン(Helvellyn)山。


もう一度登ってみたいと思っていた
念願がかなって再登頂してきました。
今回は、そのもようをお伝えします。


湖水地方のほぼ中央に位置するヘルベリン、
標高は950メートルとは言え、
イングランドの山の中では、
3番めに高い山です。


登山ルートはいくつかあるのですが、
前回同様、湖水地方で2番めに大きな湖
アルスウォーター(Ullswater)の南端
グレンリディング(Glenridding)から登りました。


ただし、今回は、
前回とは逆の南回りの
サークルルートで。


ふり向くと、
北へとのびる大地の切れ目のような
アルスウォーター湖の広がりが。

P1120541z.jpg

さらに、1時間ばかり歩くと、
正面にヘルベリンが見えてきました。


右手の峰の方が高く見えますが、
こちらは、890メートルの
キャツィカム(Catstye Cam)。


ヘルベリンの山頂は、
屏風のように切り立っている山の中央に、
デベソのように突き出している突端。

P1120548z.jpg

なんだこれならもう楽勝。
山頂は目の前だと思ったら、
ところがどっこい。


この先には、
ヘルベリン登山の一番の難所、
ストライディングエッジ(Striding Edge)が
待ち構えているのです。

P1030960z.jpg

カミソリの刃のような
稜線を描く岩場を
登ったり下ったり……。

P1120568z.jpg

登るのは、まあこのように、
悠長にカメラなども
構えていられるのですが、

P1120584z.jpg

切り立った巨大な岩の下りは、
それどころじゃあありません。


後ろ向きになって岩にしがみつきながら、
ウォーキングブーツのつま先をあずけられる足場を
手探りならぬ足探りしながら降りていきます。

P1120582z.jpg

ストライディングエッジの岩場を登りきると、
ヘルベリンの山頂は眼と鼻の先。

P1120617z.jpg

眼下には氷河時代に形成された
レッドターン(Red Tarn)の、
その名前には似つかわしくない
紺碧の湖水が見おろせます。

P1120585z.jpg

ヘルベリンの山頂から
北東に望めるアルスウォーター方面。

P1120604z.jpg

南方側には台地状のこんな広がりも。
点のように見えているのは登山者と羊……。

P1120601z.jpg

下界の湖畔やこじんまりとした街や村は、
世界中からやってきた観光客で
ごった返している同じ湖水地方に、
こんなに広大で静寂に満ちた場所が存在するのです。


そんな事実を知らないままに湖水地方を訪れ、
後にする人々のなんと多いことか。


ワーズワースやビアトリクス・ポッターが
こよなく愛した湖水地方の
ほんとうの美しさを目にせずに、
立ち去っていく人々のなんと多いことか。

P1120614z.jpg

ヘルベリン山頂からの眺めをさかなに、
ゆっくりとピクニックも楽しんだので、
そろそろ下山するといたしましょう。


帰りのしょっぱなにも、
乗りこえなければならない岩場がありますが、
このスゥイラルエッジ(Swirral Edge)は、
来がけのストライディングエッジほどの難所ではありません。

P1120623z.jpg

スゥイラルエッジのあとは、
緑の丘陵の連なる風景をながめながら
足どりも軽くなだらかな小路をふもとまで。


さあて、次回は、
どの山にのぼろうかなあ~。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!













スポンサーサイト
この記事のURL | 湖水地方を歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。