スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
簡単!ぱっくり腹われスコーンの焼き方
2013/11/04(Mon)
パメラさんに
元祖スコッティッシュスコーンのレシピ
教えてもらって、


しばらくご無沙汰していたスコーンを
ここのところ何回か焼いているうちに、
ふと思いついたのです。


だれでも簡単に、
背高、腹われスコーンが焼ける方法を。

P1130539z.jpg

これが腹われスコーン。
見栄えがよいだけでなく、
食べるときに半分に割りやすい
という利点があります。


けれども、
カフェやベーカリー、スーパーの棚にならんでいる
スコーンで、背高、腹われになっているのは稀です。


というのは、
すべてのスコーンを
均一に腹われにするのは
そう簡単ではないからなのでは?


ちなみに、
一般的な腹われスコーンの焼き方は、
パメラさんのレシピの中にも書かれているように、


生地をのしたあと3つ折りにし、
さらにのしてもう一度3つ折りに。


わたしは
折らずに生地を3つに切って重ねるを
2回くり返したりするのですが、


要は、生地をのして打ち粉をし、
3つ折りにすることによって生地に層を作り、
抜き型で抜いてオーブンへ。


オーブンの中でふくらむ過程で
その層の分かれめが
腹われになるという仕組みなのです。


ところが、
スコーンを背高にするためには
生地を厚く抜かなければなりません。


とくに、
口どけのよいスコーンを焼くには
生地はやわらなくないといけないので、
厚く抜くのはなかなか難しいのです。


できるだけ細身のシャープな切り口を持つ抜き型に
ふんだに粉をはたいて抜いても、生地が型にくっついて
なかなかきれいに抜けません。


抜くときに、
せっかく作った生地の層が押しつぶされたり、
斜めにかしいだり。


オーブンの熱のあたり方も影響するとは思うのですが、
背高スコーンほどピサの斜塔のように
傾いて焼きあがってしまいやすいのです。


というわけで、
一度に焼くすべてを
ほぼ同じ背高腹われスコーンに
焼きあげるのは至難のわざ。


だから、カフェやベーカリー、スーパーで見かけるスコーンが
背高腹われになっていないのじゃあ
と思うのは、わたし自身、全部を均一な背高腹われスコーンに
焼くことができないから。


でも、もし半分の厚みの薄さに抜くのなら、
やわらかい生地でも均一に抜くのは難しくありません。


そして、その均一な薄い生地を2段に重ねて焼けば、
いつもの厚みの生地のちょうどまん中に水平な層を
作り出すことになるのでは? 


ふと思いついたそんなアイデアで、焼いてみたところ、

P1130613z.jpg
 
焼いたスコーンのみんながみんな
背高で腹われになりましたよ~。


ただ、何しろ生地がやわらかいので
下の生地が上に重ねた生地の重みで
平たく広がり気味になっているものも。


その解決策としては、
下の生地はほんの少しだけ
小さめの型で厚めに抜いて重ねる。


あるいは、水分量を少し抑えて
固めの生地にすることも可能ですが、
スコーンのやわらかさは半減することに。


などといった
微調整が必要かもしれませんが、


このアイデア、
背高腹われスコーンを焼きたい
と思っている方の一助となればと、


前回のパメラさんの
スコーンレシピの補足として
ご紹介してみました。


さて、焼きあがったスコーンは
腹われになっている部分を割って、
お好みのトッピングをのせ、

P1130640z.jpg

外は、サクっ、
中は、ふんわりしっとりの、
ホームメイドならではの
出来たてほやほやを召し上がれ~。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!













スポンサーサイト
この記事のURL | わが家流おもしろレシピ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。