スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
君子、危うきに近よらず
2014/01/21(Tue)
「じゃあ、イヌとネコでは、どっちが好き?」


と聞かれると、
ユインの答えは、


「ネコ」 


というのは、
ユインがまだよちよち歩きのころ、
一家で近くの公園を散歩していたとき、
勢いよく跳ねまわっている子イヌに
飛びつかれたことがあった。


その経験がトラウマとなって、
以来、イヌの姿を認めると、
ユインは半径3メートル以内には
近づかなくなってしまった。


けれども、ネコは別。
それはわたしたち一家が今の家に引っ越してきた、
ユイン5歳の春のこと。


1匹のネコが
日がな家の前の通りを
パトロールしていた。


そのネコに出会うと
いっしょに道ばたにしゃがみ、
話しかけてみたり、なでてみたり。


ユインはすっかり
そのパトロールネコと仲よくなった。


ところが、
その同じ年の夏のある日、
パトロールネコと遊んで家に帰ってきた
ユインのようすがどうも普段とはちがう。


気分がよくないと言って
自分の部屋のベッドにもぐりこんだきり
起きてこない。


しばらくしてのぞいてみると
頭からふとんをかぶっていた。



「ユイン、寝てるの?」 


むっくりと寝返りをうったユイン。
そのまぶたがボンボンに赤く腫れあがって、
両眼、見るも無残なお岩さん状態になっている。



「ど、どうしたの、それっ?」


「わかんないよ~」


まぶたが腫れているせいで
薄めにしか開かない目で
情けなげにわたしの顔を見あげている。


大急ぎでお医者に連れていくと
ネコアレルギーの症状だと診断された。


その翌日には
ボンボンだった目の腫れも引いたものの、
以来、ユインはネコに近づかなくなってしまった。


何しろネコがひょいっとヒザにのっただけで
目をこすりはじめ、目に赤みがさしてくるのだから。


通りのこちら側の歩道にネコの姿を認めると、
通りを横切って通りの向こう側の歩道へ移動するほどになり、


ユインはイヌだけではなくネコにも
半径三メートル以内に近づくことはなくなった
(ただし、イヌの方は誰かといっしょなら大丈夫) 。


そんなユインが、
小学校4年生になったある日のこと。


朝、いつものように
学校へ持たせるお弁当のサンドイッチを
作っていたわたしに、


せっぱ詰まった口調で訴えることには、


「みやこちゃん。
どうして、今日のサンドイッチは
ピーナッツバターなの~?」



「ごめんね。
チョコレートスプレッド切らしてたんだよ。
次、スーパー行ったときに買っておくからさあ。
今日は、ピーナッツバターでがまんしてよ」



「ぼくはいいんだけど。
でも、アンディはナッツアレルギーなんだよ」



「ふ~ん。そうなの」


ユインの友だちのアンディが
ナッツアレルギーだとは知らなかった。


ナッツアレルギーは、
とても怖いと聞いたことはあったので、


「それは、アンディ、大変よねえ」


「そうだよ~。
だから、ぼくのお弁当、
ピーナッツバターはダメなんだよ」



「どうして?」


「だって、ぼく、
いつもアンディといっしょに
お弁当食べてるんだよ~っ!」



と、
ユインが言ったとき、
やっと気がついた。


「ユイン、もしかして、アンディは、
ピーナッツバターから半径3メートル以内の距離には
近づいてはいけないと思ってたわけなんだねっ!」











スポンサーサイト
この記事のURL | ほのぼの家族のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。