スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
リバーサイドミュージアムへ行こう!
2014/02/23(Sun)
「グラスゴーへ行くなら、
リバーサイドミュージアムへ行こう!」



なんてことになったとき、
てっきり、グラスゴーに
新しくできた博物館だと思ったら、


クライド川のほとりに移転した
交通博物館だとのこと。


なあんだ。
交通博物館なら、
すでに何回か出かけていて、
もういいかなという感じ。


ところが、この新生交通博物館、
バクダッド出身の気鋭建築家
ザハ・ハディド(Zaha Hadid)女史の
設計によるものだとわかって、


これは、ぜひ、ひと目見てみたいと、
興味津々で足を運んだのでした。


(ちなみに、
東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場も、
同氏の設計で建設されるのだそうですね)

P1140290z.jpg


P1140349z.jpg


P1140353z.jpg


IMG_3359z.jpg

さすが、世紀の建築家ザハ・ハディド、
移転以前の倉庫を思わせる交通博物館に比べると、
何とも斬新でスタイリッシュなデザイン。


それは外観だけではありません。
博物館内に一歩足を踏み込むと、

P1140340z.jpg

お天気のよくないこんな日にも、
広々とした空間を抱き込んだ館内は、
自然光がふんだんに反映される造りになっていて、

P1140322z.jpg

P1140330z.jpg

展示物のディスプレイの仕方も、
目を見張らされるばかり。

P1140334z.jpg


P1140332z.jpg

22のギャラリーに
世界各地から集められた8,000点に及ぶ
さまざまな乗り物が展示されています。

P1140291z.jpg


P1140341z.jpg

世界最古の自転車とか、

P1140297z.jpg

なるほど、霊柩車も乗り物なら、

P1140312z.jpg

乳母車も、乗り物。


キルヴィングローブ・アートギャラリー&ミュージアム
(Kelvingrove Art Gallery and Museum こちらこちら)に
隣接していたころは、その陰に隠れた地味な存在でしたが、


2011年6月に
リバーサイドミュージアムとして
再オープンして以降、


2012年には、
European Museum Academy Micheletti prize
for best European Scientific, Industrial
and Technical Museum
(原語で失礼します)、
という賞を受賞し、


2013年には、
European Museum of the Year
という賞を受賞しています。


そして、川沿いに移転したことにより、
新しいアトラクションが加わりました。

P1140361z.jpg

1896年に地元の造船所で建造された
帆船グレンリー(Glenlee)。

IMG_3363z.jpg

現役時代の内部が再現され、

IMG_3361z.jpg

リバーサイドミュージアム同様、
無料で見学できます。

IMG_3360z.jpg

グラスゴーは観光都市ではない
などと言われたりもして、
正直のところ、
同感だったりしたわたしでしたが、


今回、観光スポットを
あちこち回ってみるにつれ、
おや、そんなこともないぞと
グラスゴーを再認識させられました。


お天気にも恵まれず、
底冷えのする日ではあったのですが、


もう一箇所、これまでに訪れたことのない
グラスゴーの観光名所グラスゴー大聖堂に
足をのばしてみることにしました。


次回は、そのもようをお届けします。




リバーサイドミュージアム(Riverside Museum)
100 Pointhouse Place, Glasgow, G3 8RS
月曜日-木曜日:10am-5pm
金曜日:11am-5pm
土曜日:10am-5pm
日曜日:11am-5pm
TEL.:0141 287 2720
サイト:http://www.glasgowlife.org.uk/museums/riverside/Pages/default.aspx






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | スコットランドを歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。