スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
2014/02/25(Tue)
短い冬の日が傾こうとするのと
競い合うかのように、
グラスゴーの街の中心から
東へ足をのばしました。


正面に見えてきたのが
目的地のグラスゴー大聖堂(Glasgow Cathedral)。

P1140512z.jpg

ですが、まずは、
大聖堂広場キャセードラルスクエアをへだてた
こちらの博物館へ。

P1140516z.jpg

聖マンゴー宗教博物館
(St Mungo Museum of Religious Life and Art)。
こちらは大聖堂側の入り口で、
道路に面した反対側にも入り口があります。


6世紀に生まれた聖マンゴー(Saint Mungo)は、
グラスゴーの街と大聖堂の礎を築いた
グラスゴーの守護聖人です。

P1140510z.jpg

博物館内には、地元スコットランドにとどまらず
世界各地のさまざまな宗教や宗教美術、
宗教が人々の暮らしに果たしてきた役割などを
知ることのできる4つのギャラリーがあります。

P1140507z.jpg

その中で、
ふと、目にとまり、
足を止めたのは、こちら。

P1140508z.jpg

なぜ……。

P1140503z.jpg

と思って、説明に目を通してみると、


お内裏さまとその奥方、
つまり、日本のエンペラーとエンペレスは、
その昔、神として拝められていたとのこと。


なるほど。
だから宗教博物館に
展示されているってわけなのですね。


しかし、こんなところで、
懐かしいお雛さまに出会えるとは。


博物館でよく見かける日本の展示物って、
多くの場合、ヨロイカブトにネツケって
感じですからねえ。


高貴にして、
何ともおだやかなおもざしのお雛さまに、
ほっと心がなごむようでした。


さて、マンゴー博物館を一巡したあとは、
お目当てのグラスゴー大聖堂へ。

P1140519z.jpg

礎を築いたのは聖マンゴーですが、
グラスゴー大聖堂の建物自体は、
12世紀から建造がはじまりました。

P1140527z.jpg

スコットランドのゴシック建築の好例とされ、

P1140528z.jpg

スコットランドの島々をのぞく
メインランドの大聖堂としては、
唯一、宗教改革を生きのびたこの大聖堂。

P1140541z.jpg

随所にその古さをうかがい知ることができます。

P1140531z.jpg

イギリスの大学では4番め、
スコットランドでは2番めに古い
グラスゴー大学もこの大聖堂に
併設されたのがはじまりなのだそうです。

P1140533z.jpg

さらに、地下へ。

P1140538z.jpg

薄暗い地階には、
聖マンゴーの墓石が
安置されています。

P1140537z.jpg

再び地上へ石段をのぼっていくと、

P1140544z.jpg

まばゆいばかりに
お日さまの光があふれていて……。


この場所が神の国へと導いてくれる
地上の入り口だと信じられたことも
うなずけるような気がするのでした。


大聖堂を出ると、

P1140547z.jpg

東の高台に望めるのは、
ビクトリア朝時代に造られた
グラスゴーの共同墓地ネクロポリス
(The Glasgow Necropolis)。


3,500におよぶモニュメントの地下には
5万人の人々が永眠しているとのこと。


時間があったら見て回りたかったのですが、
遠めにながめて、
グラスゴー大聖堂をあとにしました。






夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
イギリス情報ランキング

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。
ペコリッ!


人気ブログランキングへ


このブログへのコメントは、
お手数をおかけしますが、こちらへお願いします。
もしよかったら、こちらもご覧ください。

詩の好きな方は、
詩のブログ「くらしのし」へもお越しくださいませ。
お待ちしてま~す!









スポンサーサイト
この記事のURL | スコットランドを歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。