スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
公爵邸デュークス・ハウスの森の散歩
2007/09/25(Tue)
昨日は、夏の名ごりのウォーキングをご紹介しましたが、
今日は、初秋の気配ただよう森の散歩をおとどけしようと思います。


この週末、わたしたち一家が、久しぶりに歩きに出かけたのは、
スコットランドと国境を接する北イングランドの最北端の州、
ノーサンバランド州の古いマーケットタウン、
ヘキサムの町はずれにある



「デュークス・ハウス・ウッド(Dukes House Wood)」
公爵邸の森……。


「パブリック・フットパス(Public Footpath)」の道しるべの方向の森の中へ、
このような景色をながめながら、



小道はじょじょにのぼっていくのであります。



おだやかな初秋の日ざしが、
木の葉を落としつつある森をやさしくつつみこんで、



ひっそりとした森の奥を流れるせせらぎばたには、
緑きらめく陽だまりができていました。



ゆったりと流れるせせらぎをなでるそよ風が、
水の表面に透明なウロコのような波をたてると、
キラキラとかがやく日ざしの反射が水にうつる木々の緑を
モザイク模様にうかびあがらせるのでした。



まあ、ときには、
その静寂をやぶる不逞(ふてい)の輩(やから)が、
出没したりもするのでありますけれどもね。



そろそろ実りはじめた木の実を熱心に集めていたのに、
そんな輩(やから)の出没に驚いて、しっぽをはねあげ、
一目散に高い木のこずえにかけのぼっていくリスの姿もありました。


それから、どんぐりなどの木の実のほかにも、
こんな初秋の実りも……。



黒光するブラックベリーの実が目にとまると、
ついつい散歩の足をとめて、手をのばすわたしたち一家。


「わぁ。けっこう甘いじゃん」


「これは、すっぱいよ~」


「歯のあいだに、タネがはさかった~」


てな具合で、なかなか散歩の足がはかどりませんが、
それでも、ようやく、
デュークス・ハウス(公爵邸)の石べいが見えてきました。



そのお宅をちょいと拝見したいなと思っても、
厳重にまわりをとり囲んでいる石べいにはばまれてしまいます。
ですが、たまに、石べいに切れまがあったりしますからね。
ぬかりなく、



おやおや、でも、これではねえ。
んっ。もしや、こちらなら……。



ちょこっと、のぞかせてくださいね~。



ねっ。どうやら、ガーデニングの最中。
どなたかが住まわれていることはたしかなのであります。



いよいよ、お屋敷の門が見えてまいりました。



お屋敷にくらべて、いささか安っぽいつくりのゲートの「DH」は、
やっぱり、「デュークス・ハウス(Dukes House)」のイニシャルなんでしょうね。



散歩でおとずれて、このお屋敷を見あげるごとに、
素敵よねえ。こんなお屋敷での生活ってどんなかなあ~。



でも、いくらこの煙突の数だけ暖炉があったとしても、
さぞや、冬のあいだは寒かろねえ~。
なんてよけいなことにまで思いをめぐらすわたしなのであります。


デュークス・ハウスをすぎてしばらく行くと、
小道は左手におれてくだりはじめます。



そして、わたしたち一家、つかのまの夢からさめていくように、
丘のふもとの下界の世界へと足をすすめていくのでありました。





スポンサーサイト
この記事のURL | 田舎へお散歩 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。