スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
発光する地球
2007/09/27(Thu)
そう言えば、
昨日の「けったいなケトル」のほかにも、
わが家には、もうひとつ、


一般家庭に、ふつうに存在するけれど、
ふつうは、発光して自己主張などしないモノが、


わが家にあっては、むやみに発光し、
ときに自己主張しながら存在していたことを
思い出したのでありました。


そのわが家のもうひとつの変わりモノとは、
こちら……。



この、どっしりとした風格、
(見かけとはちがって、実際は、軽量なのですけれどね)
落ちついた色あいと古風な雰囲気のデザインが気に入って、
6、7年前に購入したのでありますが、


昨日の、けったいなケトル同様、
この変わりモノも、



ねっ。やっぱり、このように発光するのですよ~。


でもって、発光すると、
大航海時代、ヨーロッパから世界の海へのりだしていった
コロンブス、マゼラン、ベーリング、マルコ・ポーロ、
クック、バスコ・ダ・ガマといった航海者がたどった航路が
地球にはりめぐらされた血管のようにうき出して見えるという
しくみなのでございま~す。


だからって、どうなの~っ!と思う反面、
そこはかとなく危うく心もとない雰囲気につつまれて発光する
レプリカの地球に目をやりながら、
ふと、ある思いにとわわれてみたりなど……。


思えば、これらの航海者たちが7つの海にのりだしていった時代から、
地球はどんどん小さくなって、
今では、果てしない夜空にうかぶ無数の星々のひとつに
すぎなくなってしまいました。


ですが、広大な無機質の宇宙の中で、
かそけく青くかがやく地球は、生命を生みはぐくんだ
それはそれは稀有(けう)で、貴重な存在であることも、
また同時に、認識されてきたわけなのですね。


ところが、ここのところ年をおって、
世界各地で、さまざまな異変がおこってあとをたたず、
ごく近い地球の将来にも不安をおぼえたりなどする昨今、


わが家のレプリカが、発光するのはまだしも、
どうか本物の地球が、発狂したりはしませんように……。





スポンサーサイト
この記事のURL | イギリス暮らしおもしろグッズ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。