スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
そんなにもスコットランドへ行きたいの
2007/10/03(Wed)
それは、今年のはじめ、年が明けてしばらくしたころのこと、
ある日、とうとつに、イアンが宣言したことには、


「今年の夏のホリデーは、ヘブリディーズへ行こう」


げげっ。
つ、ついに、来たか~。


ヘブリディーズ(Hebrides)というのは、
スコットランドの北西端にうかぶ島々のこと。
かねてから、イアンは、いつかヘブリディーズへ行きたいと
口にはしていたのでしたが、


その「いつか」というのは、
いつかエリザベス2世号にのって世界一周がしたいとか、
いつかエベレスト山頂をきわめたいとか、
そういった類(たぐ)いの「いつか」だと思いこんでいたわたし。


つい気をゆるして、言っちゃってたわけなのでありますね。


「去年は、わたしの行きたかったパリへ連れてってもらったから、
今年のホリデーは、イアンちゃんの行きたいとこでいいよ」



だなんて~。
わたしバカよね~。おバカさんよね~。
と、心の中で思いっきり絶唱したものの、
前言撤回することはできず、


「そ、そう。
ついに、ヘブリディーズへ行くのね、
わたしたち……」



すでに思いは念願のヘブリディーズへ飛んでいるイアンの
はつらつとした笑顔に、
そう答えるほかなかったわたしなのでありました。
とほほっ……。


ここで、ちょこっと、
スコットランド内部の地域や地形について
解説させていただきますと、


イギリスの北部に位置するスコットランド
南部は、北イングランドの湖水地方からつらなる丘陵地帯で、
「サザンアップランド(Southern Uplands) 」と呼ばれています。


その北の中部は、あまり起伏のない低地になっていて、
「ローランド(Lowlands)」と呼ばれ、
首都エディンバラ、グラスゴーをはじめとする大都市や、
スコットランドの人口のほとんどがこのローランドに集まっています。


さらにその北、スコットランドの北部は山がちの地形で、
「ハイランド(Highlands)」と呼ばれています。
このハイランドに、イギリス最高峰ベンネビス(Ben Nevis)山があります。


さて、以上は、ブリテン島の本島ですが、
スコットランドの北西の大西洋上には、500以上の島々があって、
それらの島々が、ヘブリディーズ(Hebrides)と呼ばれているわけなのです。


スカイ島や、いつぞやご紹介したイアンの生まれ故郷のマル島も、
ヘブリディーズ(Hebrides)にふくまれるのですが、
かねてからイアンが行きたいと思っていたのは、
ヘブリディーズの中でも、本島から遠い「外側のヘブリディーズ」、


「アウターヘブリディーズ(Outer Hebrides)」と呼ばれる
スコットランド北西端のさいはての島、
「ルイスとハリス(Lewis and Harris)」
(こちらの地図の、赤丸のついている島です。
ちなみに、赤丸は、中心の町ストーノウェイStornoway)


そんな辺境の島に行きたいイアンも変わっているけれど、
イアンが行きたいその島も、そうとう変わってます。
つながったひとつの島なのに、
なぜか、「ルイスとハリス(Lewis and Harris)」、
ふたつも名まえをもってるって変な島ですよね~。


って、わたし、けっして、
その「ルイスとハリス(Lewis and Harris)」に、
いちゃもんつけたいわけではないのです。


ただ、「ハリスとルイス」だろうが、
「アリスとダンス」だろうが、「アリストテレス」だろうが、
そんな名まえなんかには、まったくかかわりなく、


わたしには、夏のスコットランドにだけは、
どうしても出かけたくないわけがあったのでした……。





スポンサーサイト
この記事のURL | スコットランドを歩く | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。