スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ナショナルトラストの年会員
2007/10/23(Tue)
2007.10.22.Mon. 靄(もや)

空が地上におりてきたみたいだ。
雲の中を飛ぶ飛行機の窓から外をのぞいていると、
視界を白くにごらせている雲が
霧の流れのように見えることがある。


そんな広大な雲が、
今日は、地上をすっぽりとおおっている。
太陽は、その白濁した空の向こうから、
白い影のような丸い姿をぼんやりとうかびあがらせたと思ったら、
またどこへともなくその姿をかくしてしまう。


白くけむる緑の平原とそのむこうに立つ木立は、
かすかに緑と青色をおびた水墨画のように、
ひっそりと車のうしろにしりぞいていく……。


天気予報によると、ダル、ダーク、ミゼラブル、
どんよりと暗くてみじめな1日になるということだけど、
雨にならないなら、やっぱり、出かけることにした。


夏に訪れようと計画していたのだけれど、
大雨で訪れることができなかった古い寺院の遺跡ファウンテンズ・アビ
12世紀に建てたれ、現在は、ナショナルトラストによって管理されている。


ナショナルトラストが管理している北イングランドの
史跡や遺跡、お屋敷や庭の中では、
もっとも人気のあるアトラクションらしいので、
1度、訪れてみたいと思っていたのだった。


壮大な古い寺院の遺跡が、
白いもやにつつまれた景色の中に、
ひっそりとたたずんでいる姿は壮観だった。


1日のことで、昨日とはうってかわって、
吐く息が白く、手ぶくろをはめていても、
指先に感覚がなくなってしまうほどの冬のような寒さの中、
寺院の敷地内を4時間ばかりも散策した。


そして、チケットを買ったビジターセンターにもどってきたとき、
イアンとわたしの心は決まっていた。
ナショナルトラストの年会員になっちゃお~。


チケットを買ったとき、年会員になりませんかと言われて、
けっこうですと、今日のチケット3人分20ポンド
(今のレートは、1ポンド=240円ほど) を
支払って入場したわたしたちだったけど、


もし、今日、登録していただけたら、
お支払いいただいた20ポンドも返金いたしますし、
って言葉が、どうもひっかかってしまって、
広大な散歩道を散策しながらあれこれ考えてみたのだった。


ファミリーチケットの年会員の料金が、77.50ポンド。
ということは、このちょっと高めの入場料をとる
ファウンテンズ・アビほどのアトラクションを1年のうちに、
あと3つまわったら、それでもう元がとれるってわけなのだ。


わたしたち、日帰りできる距離にある
ナショナルトラストのアトラクションの主な場所は、
もうすでに、網羅(もうら)しているのだけれど、
もう1度、訪れてみてもいい場所はごまんとある。


そして、以前、訪れてよかった場所を訪れて、
その場所を、ブログで紹介することもできるではないか~っ!
と、ここまで考えてわたしの心は決まった。


イアンの心も、わたしと同じに決まっていたので、
ビジターセンターで手続きをして、
今日は、一家で、晴れてナショナルトラストの年会員になった。
その瞬間から、わたしのうきうきが止まらない。


その一方で、
ガタンと季節の歯車がまわったのも感じた1日だった。
夜から、セントラルヒーティングを入れはじめる。


それから、長いお休みをとると、
剃ることをやめるイアンのひげがチクチクしはじめる……。





スポンサーサイト
この記事のURL | お休み日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。