スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
まあ、仕方がないよな~
2007/10/24(Wed)
2007.10.23.Tue. 靄(もや)のち晴れ

昨日のうちに、
今日は、クラッグサイトに行くぞ~っ!と決めていた。
何しろ、ナショナルトラスト年会員になったのだから。


ナショナルトラストが管理するお屋敷の中で、
わが家から手軽に出かけられる距離内では、
クラッグサイド
のお屋敷が、
たぶん、1番入場料が高くて見ごたえがあるってことと、


電気の配線と内装の修復のため長期にわたって閉館していて、
最近、再オープンしたとニュースで言ってたから、
きっと古いお屋敷でも、あまり埃っぽくはないだろうってこと、


それから、天気予報によると、今日は、晴れ。
きっと、ブログにのせるきれいな写真が
撮れるにちがいないと思ったのだった。


さらに、わたしとイアンは、これが3度めになるのだけれど、
ユインは、2度めで、しかも、前回訪れたのは、
もう10年以上も前なので、まったく覚えがないという。


世界ではじめて、
水力発電の電気の明かりがともったと言われている
大成功した地元のエンジニア、アームストロング卿のお屋敷。
広大な敷地内には、自家発電所もそなえている。


そのへんが、理科好きのユインには
おもしろいのじゃあないかとも思ったのだった。
こんな好条件をそなえた物件は、そうないと確信して
大きな期待を胸に出かけたクラッグサイトだった。


が、実際に出かけてみると、
昨日ほど寒くはないけれど、あたりには、
やっぱり、白い靄(もや)がたちこめていた。


ポンプ小屋、エンジン小屋のある森を散策しながら
バカチョンデジカメのシャッターを切るのだけれど、
どうも景色がはっきりとしない。
でもまあ、仕方ないよな~。


そのあと、
どうして、午後1時にならないとお屋敷が開かないんだろう。
と思いつつ、お屋敷内の見物に向かった。
1度に人が押しよせるので、せまいローカに人の行列ができて、
ゆっくり見てまわることもできない。


そのうえ、ショック! 写真撮影は禁止だった。
でも、そう言えば、同じナショナルトラスト管理の
ヒルトップ
もそうだったから、
これもまあ、仕方がないよな~。


お屋敷の内部を見て歩いているあいだに、
靄(もや)が晴れて、空は、青空に、
う~ん。これなら、これからきれいな写真が撮れるかなと思っていると、
イアンとユイン、ベンチにすわりこんで動こうとしない。


え~っ。もう帰るって~っ。
でも、まだ、庭全部見てまわってないし、
40マイルのウォーキングコースになんて、
1歩も足を踏み入れてないんだよ~っ!


と、思ったけれど、
今日は、あまり長居できない理由もあったのだ。
アンディさんとの日本語のレッスンの日なのだった。
だから、まあ、仕方がないよな~。


ようやくみごとに晴れあがった空を
うらめしげにながめながら帰途につく。
まあでも、1年以内に、また来ればいいさ。
やっぱり、ナショナルトラストの年会員になっといてよかった~。


アンディさんとの日本語のレッスンは、
いつものように、とっても楽しかった。


今夜は、イアンがひげを剃ると言っている。
まだ、無精ひげってとこまでもいっていないのにな……。





スポンサーサイト
この記事のURL | お休み日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。