スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クラッグサイド秋色の散歩道 2
2007/11/12(Mon)
オータム・カラー・ウォーク(Autumn Colour Walk)
「秋色の散歩道」は、フォーマルガーデンから
お屋敷の足もとにかかる鉄橋までつづく森の小道なのでした。

PB040080a.jpg

日本の紅葉のような赤く燃えたつあでやかさはありませんが、
それでも、目のまえが一面黄色くそまる秋色の風景に
目をうばわれながら小道をすすんでいくと、


ほどなく、天をつく木々のあいだから、
クラッグサイドのお屋敷が姿をあらわしました。

PB040076a.jpg

お屋敷にむかってかかる鉄橋の上から撮った1枚……。


鉄橋は通行禁止になっていて先へすすむことはできないので、
わたしたち、やって来た小道をひきかえすことにしました。

PB040086a.jpg

すると、イアンが、


「ウォ~チッ(見ろよっ)!」


と、声をあげるので、
ふり返ってみると、

PB040081a.jpg

木だちのあいだからお屋敷の姿がかいま見える風景の中を、
そよ風に吹きちらされた黄色い木の葉が、高いこずえから、
まるで雪が舞うようにはらはら、はらはらと、
とめどもなく無数に舞いおりてくるのでした……。


思わず立ちどまり、
息をつめて、6つの目を見はったわたしたち……。


その一瞬にシャッター切ったのですが、
木の葉の舞い落ちるさまは、
やっぱり、ビデオでないとだめですね。


なにしろ、クラッグサイドの敷地、
はんぱじゃあなく広いので、
いったん、フォーマルガーデンの駐車場にひき返したあと、


わたしたち、お屋敷の横手にある駐車場へ車で移動し、
そこから、今度は、お屋敷の裏手にある
これまた広大なウォーキングコースへと足を
ふみ入れていったのでありました。

PB040092a.jpg

お屋敷をのうしろ姿を見おろしながら、

PB040096a.jpg



PB040099a.jpg

ずんずんのぼっていくと、

PB040101a.jpg

ラビリンス(Labyrinth 迷宮)はこちらへ、という道しるべがあったので、
じゃあってわけで、岩の石段の小道へ、

PB040104a.jpg

そして、ついに、到着……。

PB040106a.jpg

「ラビリンス」と書かれた門をくぐると、

PB040112a.jpg



PB040109a.jpg

でも、このあとは、ふつうの小道が枝わかれしているだけで、
適当に選んですすんでいくと、
車の通る道に出てしまいました。


うん。これで、おしまい……?
どうやら、そのようでした。
今一歩盛り上がりにかけるラビリンスなのでしたが、
あたりは、もう行けども行けども、
シャクナゲのブッシュなのでした。


シャクナゲのシーズンには、
あたり一面それはそれはみごとな花の小道に
なっているにちがいありません。


このあとは、
森の中にひっそりとたたずむ湖の
周囲の小道をへめぐり、

PB040117a.jpg



PB040125a.jpg

4箇所あるトリムトレイル(Trim Trail) のひとつで、
ユインが体力試し……。

PB040127a.jpg

何とかのぼって、立ちあがりました。

PB040136a.jpg

でも、本来は、これ、ぶらさがって、
腕で向こうのはしまでわたっていくんじゃあないのかい。


お屋敷まで帰ってくると、今度は、
石庭ロックガーデンの人工滝を見にいかなくっちゃあと、
お屋敷の前の斜面に広がる
ロックガーデンの探検へ……。


掲示板に書かれていたところによると、
2時から4時のあいだに、
人工滝に水が流されるとのことなんですけど。
どうやら、人工滝って、これらしいのですよ。

PB040155a.jpg

う~む。滝ってスケールでもないような……。


こちらは、足もとからお屋敷を入れて撮ってみました。

PB040157a.jpg

ま、この方がさまになりますね。


気がつくと、4時間あまり、
あちこち歩きまわっていたわたしたち、
そろそろ家路につくことにしました。


前回、クラッグサイドを訪れたとき、入場料金にかんして、
庭と敷地とお屋敷で、大人11.55ポンド、小人5.50ポンドって、
(今のレートで、1ポンドは、240円ほど)
バカ高だなあと思ったわたしなのでしたが、


今回、再訪してみて感じたのは、
大きなお屋敷とこれだけ広大な敷地や庭の管理や手入れをするのには、
膨大な経費がかかるのだろうなあということでした。


ちなみに、庭と敷地だけだと、大人7.70ポンド、小人3.30ポンド。
お屋敷の閉まっている冬(11月~12月中旬)のあいだの入場料は、
大人3.30ポンド、小人1.65ポンドになります。


しかも、冬のあいだは、レストランやショップで
10ポンド以上の食事やお買い物をすると、
その入場料は返金してもらえるのだそうです。


この日を最後に、来年の春までお屋敷は閉まってしまったのですが、
冬のあいだ(11月~12月中旬)に、お庭と敷地の散歩に、
ふらりとクラッグサイドを訪れてみるのもいいのではと思いました。





スポンサーサイト
この記事のURL | 田舎へお散歩 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。