スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
やっぱり、カントリーサイドはいい
2007/12/02(Sun)
2007.12.1 Sat. くもりのち、雨のち、晴れとくもりの中間のち、雨

明日の日曜日は、お天気が悪くなるという予報なので、
今日、歩きに出かけることにした。
ここのところ、しばらく歩きにいっていない
ロスベリーの村を見おろすロスベリーテラスの丘へ。


ところが、ロスベリーの村へつく少し手前から、
車のフロントグラスに小粒の雨粒がはりつきはじめ、
村の駐車場につくころには、とても歩けない雨もように……。


そこで、ロスベリーの村からそう遠くないナショナルトラストの
アトラクション、ウォーリントンホールへ行くことにした。
ウォーリントンのお屋敷は、冬のあいだも、
オープンしていると思ったのだった。


ウォーリントンへの田舎道を走っているあいだに
雨が小ぶりになり、一面灰色だった低い空に切れ間ができて、
その向こうに青空がのぞきはじめた。


農家のわきに、用途はわからないけれど、
ゆうに百をこえる数の車のタイヤが
積まれているのが目にとまった。


「うわぁ~。
ロッツ オブ タイヤーズ(たくさんのタイヤ)だね~っ!」



と、わたしお得意の日本語と英語のチャンポンで声をあげると、
わたしのとなりで、車のハンドルをにぎっていたイアン、
すかさず、


「(そりゃあ、そのタイヤの山)
マスト ビー タイヤード(疲れているにちがいない)!」



すると、
後部座席からユインがひと言、


「さむう~」


日本語はできないイアンだけれど、日本語の「さむい」が、
英語の「コールド(cold)」であるということは知っているので、
イアンは、どうして、ユインが寒いのか疑問に思ったことだろう。


まあ、わたしは、あえて、イアンに、
日本語の「さむい」のもうひとつの意味を
説明したりはしなかったのだけれども……。


ウォーリントンにつくと、雨は、ほとんどやんでいた。
しかも、冬のあいだ、お屋敷は閉まってしまうらしいのだけれど、
クリスマス前の週末は、特別に、1階だけは開いているとのこと、
ラッキ~!


というわけで、クリスマスの飾りつけのされたお屋敷を見てまわった。
お屋敷内のホールでは、クリスマスキャロルが歌われていた。
いったん車にもどり、準備してきたピクニックでお昼。
そのあと、お屋敷の庭を見学して敷地を散歩した。

PC010095a.jpg

予定していた丘歩きはできなかったけど、雨はあがって、
牛や羊がのんびりと草をはむのどかな田舎の風景をながめながら、
ウォーリントンホールの敷地内の散歩を楽しむことができた。

PC010092a.jpg

雨にあらわれた緑の丘の上空を見あげると、
模型みたいな飛行機が、青空の広がった高い空に、
チョークで落書きをするように長い飛行機雲の尾をひいては
きえていくのだった……。

PC010093a.jpg

ああ、やっぱり、カントリーサイドはいいなあ~。






(今日の日記のウォーリントンの詳細や画像は、
後日、「田舎へお散歩」の中でご紹介いたします)





スポンサーサイト
この記事のURL | お休み日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。