スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大福もち
2007/04/27(Fri)
今日は、
あんこと大福もちの作り方など
ご紹介してみようと思います。


和菓子って、
むずかしそうなイメージですが、
意外とかんたんでお手軽です。


洋菓子に比べると
油脂をほとんどふくまない分
カロリー低めですしね。


大福にいちごを入れて、
いちご大福にすると
さらにヘルシー。


ただ、イギリスのいちごは、
ちょっとすっぱすぎなもんで、
わが家ではいちご大福は
作ったことがないんですけどね。


お天気悪くて
ちょっとお暇のあるときなど、
もしよろしかったら、
手作りの大福もちなどいかがでしょうか。


その前に、
まずは、あんこから……。


[材料]
小豆 1kg
砂糖 800g
塩  少々

1.洗った小豆を一晩、熱湯にひたす。
(小豆は、そのまま煮るというレシピもありますが、
やっぱり一晩ひたした方が早くやわらかくなります)

2.水から沸騰させて、ザルにあける湯でこぼしを2回ほど。
(これでもかというほどアクの泡と豆の色がでます。
これをしないと、アクがぬけなくてあんこの味がえぐくなります)

3.小豆がやわらかくなるまでことこと煮る。
(小豆の腹がわずかに割れてくるところまで)

4.煮汁をすてて、砂糖を2、3回にわけてくわえる。
 さらに塩をくわえる。
(砂糖を入れると、水分が出てきて、小豆の実がしまって固くなります。
砂糖を入れるのは、小豆がしっかりやわらかくなってからにしましょう)

5.ごく弱火でとことん煮つめる。
(ボールの形ににぎれるところまで。
あんこが冷めたときに表面が少し白っぽくなるくらいがちょうどいいです)  


[気がついたこと]

小豆1kgからは、かなりの量のあんこができます。
なべも大きななべが必要ですが、あんこは冷凍保存できます。
ということで、わたしは、いつも1kgの小豆をたいて、
小分けして冷凍し、必要な分だけ解凍して使っています。

はじめての方は、小豆1袋分くらいから試されてみるのがいいかもしれません。
砂糖の分量は、たいがいのレシピでは、小豆と同じ重さになっているのですが、
わたしはそれではちょっと甘すぎるように感じるので、心持ち減らしています。

海外在住の方へ。
小豆は、チャイニーズ・フード・ショップより、
健康食品の店で購入されることをおすすめします。
チャイニーズ・フード・ショップで買った小豆、
やわらかくたけた試しがありません。
健康食品の店の小豆も、当たりはずれがありますので、
あちこち試されてみられるのがよいかと……。



では、次は、大福もちです。


[材料]
もち粉 250g
砂糖  大さじ2
水   1カップ
片栗粉 適宜

1.あんこを好みの大きさのあんこ玉に丸める。
(いったん冷凍保存にしたものは、ちょっと水っぽくなっているので
ごく弱火にかけて水気をとばしてから使用します)

2.もち粉と砂糖に水をくわえてまとめる。
(紙ねんどのような感じになります)

3.2をぬれ布巾をしいた蒸し器に、ちぎってならべ、20分蒸す。
(ぷうっとふくれていたら、蒸しあがってます)

4.蒸しあがった3を、水で内部をぬらしたすり鉢に入れて、
 すりこぎでつく。
(すり鉢がない場合は、ボールで代用。すりこぎは、のし棒で代用。
もちがすりこぎについてよく伸びるところまでつきます。
もちをつくほどの力や手間はいりません。意外と短時間でできます)

5.まな板などのボードの上に、片栗粉をしき、4をのせ、その表面にも、片栗粉をまぶす。

6.片栗粉をまぶしつけた食事用のフォークで5のもちを適量切り分け、1のあんこ玉を包む。

img5f13ee948541nk[1]


[気がついたこと]

もちがよくついてあると、伸びがよくて、皮の薄い大福もちができます。
皮の厚みも、あんこ玉の大きさもお好みで調整してください。
わたしは、50~60gのあんこ玉で大福もちを作ります。

上新粉をくわえるレシピもありますが、上新粉はうるち米の粉なので、
あまり伸びがよくありません。
皮が厚くて、さくっと切れるような感触の大福もちになります。

もち粉にくわえる砂糖は、もちの伸びをよくするのと、もちのやわらかさを
長持ちさせる効果があります。
それほど多量ではないので、くわえていただく方がおいしくいただけます。
翌日でも、皮は十分やわらかいままでいます。

作った大福もちは、ひとつひとつラップに包んで冷凍保存できます。
半年くらいは十分やわらかいままで保存できます。
ただ、1度冷凍保存したものは、解凍した日はやわらかいのですが、
翌日になると皮がいくぶん固めになります。
解凍した日にお召し上がりくださいね。

海外在住の方へ。
もち粉は、チャイニーズ・フード・ショップで手に入ります。
「Glutinous Rice Flour」と記されているものをお買い求めください。
片栗粉は、「Potato Flour」です。
どちらも、お手ごろなお値段で手に入ることと思います。





スポンサーサイト
この記事のURL | わが家流おもしろレシピ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。