スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「柔術一直線」とまではいかないけれど 2
2007/12/13(Thu)
今日は、ユインの昇段試験のもようを、
130枚あまりイアンが撮ってきた写真の中から
ご紹介しようと思います。


まずは、先生にごあいさつ。
はかまをつけているのが今回の審査員の先生。

PC100015a.jpg

その正面の手前がユインで、
ユインのむこうにすわっているのが、担当の先輩ポール。黒帯です。
ユインが子どものけいこに出ているときの先生のひとりでした。


うしろにならんでいるのも、今回いっしょに昇段試験を受ける面々。
画面切れてますが、手前には、白帯の受験者がさらに6人。


準備運動のあと、実技試験がはじまります。


オレンジベルトの先輩を相手に、
攻撃をかわして、足をはらい、投げをしようとしているところ。

PC100047b.jpg

アームロック。

PC100078a.jpg

わきを固めて、動きを封じる。

PC100081a.jpg

おなかにキック。

PC100105a.jpg

こちら、名まえは、「キンゲリ」。

PC100103a.jpg

ユインによると、つかむのもあるんだよ。
その名まえは、「フクブクロ」って言うんだ
とのこと。


次は、集団を相手の実技。


両側に人が立っている中を歩いていくと、
立っている人が突然、攻撃してくる。
どんな攻撃かわからないので、とっさに対処ワザを考えねばならない。
ナゲか、アテミか、カンセツワザか……。

PC100109a.jpg

ユインの番になりました。

PC100111a.jpg

ユインによると、
オレンジベルトがボトルアタックしてきたんだ。
ぼくは何もできなかったけど、かわした。


攻撃の武器には、ボトルとナイフがあります。
使用されているのは、ガラスビンを想定したペットボトルと
短刀の真剣を想定した木刀なのですが、


素手での攻撃も、武器で攻撃された場合も、
柔術のワザ、実際の護身にも役立ちそうです。


最後は、口頭試問。

PC100122a.jpg

柔術ばかりではなくて、柔道や空手や合気道の歴史なども、
出題されるのだそうです。


先日、ユインが、
「ハタモトって、なに?」って聞くもんで、
「ショーグンの家来だよ」と答えておいたんですけどね。


思えば、柔術はもとより、
国技柔道についても、ルールも何も知らないわたし。
その歴史だなんて、とんでもないんですけど……。


そして、試験終了後の結果発表。

PC100129a.jpg

合格と告げられて、イエモトと握手をしているところ。

いつもだと、ここで準備してあった認定証と、
昇段した色のベルトがいただけるのですが、


今回は、準備してなかったらしくて、
次のけいこ日にもらえるのだそうです。


それにしても、ぎりぎりまで
受けさせてもらえるかどうかあやぶまれた昇段試験、
こうして受けることができたうえに、
合格できて、ほんと~によかったです。


しかも、子どもの柔術のクラスに通いはじめてから、
次の昇段試験は、子どものオレンジベルトに挑戦ってときに、
子どものクラスがなくなってしまったもので、


以来、おとなのクラスにうつっても、
ずっとイエローベルトをしめつづけてきたユイン、
苦節4年にして、ようやくオレンジベルトを
しめることができます。


というわけで、
今度いただくことになったオレンジベルト、
ユインにとっては、何よりの自分自身への
バースデー・プレゼントになりました。


実は、今日は、ユインの14歳の誕生日。
今夜は、ユインの誕生日と昇段のお祝いを
しようと思ってます。





スポンサーサイト
この記事のURL | ほのぼの家族のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。