スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今日は、16回めの結婚記念日
2008/01/05(Sat)
2008.1.4 Fri. くもり、ときどき小雨

それは、ゆうべのこと。
イアンがシャワーに2階にあがってしまったあと、
(イギリスの家って、たいがいバスルームは2階にあるのです)

P1050002a.jpg

はてさて、表にひとつ、そして、中に16個、
合計17個ものポップアップ折り紙ハートを折ってはりつけた
会心の作の折り紙カードをどこに仕込んでおこうかと考えた。


やっぱり、イアンの仕事カバンの中がいい。
イアンがオフィスで、



あ~っ!こんなところに~っ。



と見つけるように……。


勝手に人のカバンを開けるのもと、
躊躇(ちゅうちょ)することなどまったくなく、
がばっとカバンを開けてみると、


おっと、どっこい~っ!
「Miyako-chan」と書かれた特大封とうが入っていた。
これは、わたしへの結婚記念日のカードにちがいない。


う~む。こりゃ、ここには、
わたしのカードを同居させるわけにはいかないな。
けれども、カバンの内側についているポケットは小さすぎて、
どうもその中には入りそうにない。


う~む。じゃあ、仕事に着ていくジャケットかあ。
でも、それって、どれかなあ。
ってほど、数持ってるわけじゃあないけれど。
明日、イアンが着ていくジャケットなんてわからない。


たとえ、わかっても、ジャケットは、
ベッドルームのワードローブの中だしなあと思いながら、
イアンの仕事カバンをもとにもどそうとしたところ、
カバンの背なかにジップが……。


開けてみると、中には何も入っていない。
どうやら、使ってはいないようだ。
むふふっ。


というわけで、今朝……。
仕事へ行く前に、キッチンで、
イアンがカバンを開け、何やらごそごそしている。


わたしは、シンクにむかってそ知らぬふりで洗いものをし、
イアンがカバンから自分のカードを取り出して、
そっとワーキングサーフェイスの上におき、


キッチンの勝手口から出ていってから、



あ~っ!こんなところに~っ。



と、驚いたふりをして、
「Miyako-chan」と書かれた特大封とうを開封すると、
でき合いのカードが出てきた。

P1050013a.jpg

カードを開いてみると、

P1050016a.jpg

すでにカードにプリントされている文句が
ハイライトでなぞられているだけではないかっ!


英語のネイティブなんだから、
気のきいた文句じゃあなくてもいいから、
メッセージくらい自分で考えたらどうなのさ~っ。


と、心の中では絶叫しながら、
そんな思いはおくびにも出さず、


「ありがとう~。ハッピー・アニバーサリー」


と、言って、
それ以外は、何も言わずにイアンを送り出したのだった。
へへっ。わたしからのカードはどうなってるんだと思ってるかな~。


けれども、
毎日かかってくるランチタームコールのときにも、
何も言わないので、しびれを切らせて、


「それで、わたしのカードは見つかった?」


と聞いてみた。


「えっ。何だ。どこかにカードがあるのか」


「うん。イアンちゃん、今朝、持ってったじゃん」


と言うと、ちょっとのってきた。


「ちょっと待て」


どうやら、カバンの中をさぐっているらしい。


「ないぞ。もしかしたら、ジャケットか?」


「かもしれないよ」


ジャケットのポケットの中も探したようす。


「ないぞ。いったいどこなんだ~。
まさか、車の中か。車は、今朝、車検に出したぞ~」



わかってるよ。


「いつも、だれが車のキーもってんのよ」


「じゃあ、いったいどこなんだ~」


でへでへ、楽しい。仕事どころじゃあなさそうだ。
だれか、電話もむこうでイアンに話しかけている。
でも、無視することはできなかったらしく、


「また、かけ直すよ」


と言って、イアンはいったん電話をきった。


しばらくすると、またかかってきたけれど、
まだ、毎日、持ってってるカバンの中に入れてある
カードが見つからないらしい。


「ほんとうにカバンの中なのか」


「うん。そうだよ~」


こんなに楽しめるなんて、
昨日は、面倒くさい折り紙カード作ったかいがあったな~。
なんて思っていると、



「あ~っ。あったぞ~!」



やっと、毎日、仕事に持ってってるカバンの背なかに
ジップがあったことに気がついたらしい。


「今、開けるからな」


ほかに、どうするのだ。


「こりゃあ、ぼくのカードより、
ずっといいじゃあないか」


P1050007a.jpg

そんなの、あったりまえじゃん。
作るのに、1時間半もかかった上に、
なんてたって、イアンちゃんのよりずっと安あがりだもんね。


そして、夕方、
車検が終わった車を運転してイアンが帰ってきた。
(イギリスの車検、1日のうちに終わるのです)


車検料金と、バッテリー交換にブレーキの修理の支払い、
エンジンをかけるスターターというものも、
さらに、買いかえねばならないらしいという
げんなりとするニュースばかりなのだった……。





スポンサーサイト
この記事のURL | お休み日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。