スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
リッチ・チョコレートケーキ
2008/01/10(Thu)
今日は、昨日ご紹介したわが家のクリスマスディナーのデザート、
リッチ・チョコレートケーキについてのお話と、
そのレシピなどいかがでしょうか。


ですが、ちょっとその前おきに、
機会があれば1度書いてみたかった
イギリスのスポンジ台の生クリームケーキについて。


おそらく、イギリスの生クリームケーキを不可解に思っている
イギリス在住の日本人は、わたしひとりじゃあないと思うのですが、


どうして、スポンジケーキがあんなにぼそぼそで生地があらく、
どっしりと重たいんでしょうね。
しかも、生クリーム(ポイップクリーム)が甘くないの~っ?


それに、シュークリームやエクレアにも、
(M&Sのシュークリームには入っているけれど)
カスタードクリームなんか入ってなくて、


まったく甘くない生クリーム(ポイップクリーム)だけが
つまっているんでしょうね。


生クリームケーキも、シュークリームも、
買って食べるくらいなら、自分で作っちゃおうと思うのも、
きっと、わたしだけではないことと思うのですが、
いかがなものでしょうか。


けれども、市販されているケーキ類だけではなくて、
イギリスのケーキのレシピも、
ほとんどのものが、大胆、かつ、大ざっぱ……。


だから、スコーンなどはともかく、
ケーキ類などは、イギリスのレシピで作ってみようとは、
めったに思わないわたしなのでありますが、


それは、もうかれこれ10年以上も前のこと。
わが家の郵便受けに投げこまれていたダイレクトメールの菓子レシピの中に、
「リッチ・チョコレートケーキ」というケーキのレシピがあって、
これは、おもしろそうと思ったのでありました。


というのは、かねがねからアーモンドの粉の入っているケーキ、
小麦粉だけで焼くケーキにくらべて、
味わい深くなるとは思っていたのですが、


この「リッチ・チョコレートケーキ」のレシピによると、
小麦粉はいっさい使わず、アーモンドの粉だけで焼くとなっています。
小麦粉の入らないケーキ、しかも、生地がアーモンドの粉だけって、
どんな焼きあがりと味になるのかなあ。


興味をそそられたわたしは、早速、焼いてみたのでした。
メレンゲを泡だてる手間はいりますが、
アーモンドの粉なので、ふるう必要はないし、
手順は、驚くほどシンプル。


だというのに、これが、まあ、なんと、
どっしりとコクの濃厚なお味のチョコレートケーキが
焼きあがったのでした。

P101012m.jpg

ただ、なにせ、アーモンドとチョコレートですからねえ。
カロリーの高さは想像するだに恐ろしく、
ついつい舌鼓(したづつみ)などうっていると、
とんでもないことになるのは日の目を見るよりも明らか……。


というわけで、いつしか作らなくなっていたのでしたが、
クリスマス前に、ふと、そう言えば、
美味しいチョコレートケーキがあったなあと思い出し、
久しぶりに作ってみることにしたのでした。


そして、クリスマスディナーのデザートとして出したところが、
「これまで食べたチョコレートケーキの中で1番おいし~いっ!」
と、ユインが絶賛するもので、


これは、このブログでも、レシピをご紹介しようと、
そのときから心に決めていたのでした。


実は、オリジナルレシピによると、
アプリコットジャムがぬられていたり、
チョコレートコートする手はずになっているのですが、


わたしは、それより、バニラアイスクリームか、
甘みのある日本式の生クリーム(ホイップクリーム)をそえる方が
合うのじゃあないかと思うので、

デコレーションの仕上がりは、こんな感じ……。

PC250041a.jpg

って、実は、アーモンドの粉だけなもので生地がもろく、
ケーキの切り口が小麦粉のケーキのようにはきません。
そこで、アイスクリームをどかっとのっけ、
茶こしでココアをふるって荒隠(あらかく)し。


さらに、ころよい色がつくまで、オーブンかグリルで、
ローストしたスライスアーモンドをパラパラとふりかけると、
まあ、まずまずの見栄えに仕上がるというわけなのですね。


では、そろそろ、
リッチ・チョコレートケーキのレシピとまいりましょう。


オリジナルは、22センチのスポンジ型なのですが、
わたしは、愛用の18.5×9×8くらいのパウンド型、
または、18センチのスポンジ型の分量で作ります。


たぶん、その方が作り勝手がいいと思いますので、
その分量でご紹介します。
それから、手順も、わたし流に変更してあります。


ケーキ型には、敷き紙をしいておいてください。
オーブンは、180℃にあたためておきます。


[材料]
無塩バター    90g
(または、ベーキングマーガリン)
砂糖  90g
卵  3個……卵白と卵黄にわけておく
アーモンドの粉    150g
プレインチョコレート  130g……電子レンジで溶かしておく


(ボウル1)
1 泡だて器で、白くふわふわのクリーム状になるまでバターをかきたてる。
2 砂糖の半量を2度にわけてくわえ、さらにかきたてる。
3 アーモンドの粉をくわえてまぜる。
4 卵黄と溶かしたチョコレートをくわえてまぜる。


(ボウル2)
1 卵白を泡立てる。
2 泡立てながら、砂糖の半量を2、3度にわけてくわえる。
3 きめがこまかくしっかりとしたメレンゲになるまでたてる。
4 メレンゲを半量ずつ、(ボウル1)の材料と合わせる。


準備しておいたケーキ型に流し、
180℃にあたためておいたオーブンで50分ほど焼く。


今回のケーキには、ローストしたスライスアーモンドを
パウンド型の生地の上にも散らして焼いてみたのですが、
デコレーションするときにふりかけるだけでじゅうぶん。
その方が、アーモンドスライスがサクサクパリパリしていて美味です。


濃厚で味わい深いわりには、材料も手順もシンプルな
このリッチ・チョコレートケーキ、ぜひ、お試しくださいませ~。


いくら高カロリーとはいえ、
年に1度くらいなら、だいじょうぶですからね。
たぶん……。





スポンサーサイト
この記事のURL | わが家流おもしろレシピ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。