スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
森の散歩とアウトレット
2008/02/25(Mon)
2008.2.24 Sun. くもり時々小雨

今朝は、朝寝坊。
イアンのソーセージサンドイッチで朝食をとり、
デュークスハウスの森へ散歩に出かける。


最近の雨と、今朝までふっていた雨で、
落ち葉が泥まみれになって小道はぬかるんでいた。
けれども、白くけむっていた雲間から日がさしてくると、
裸の木々がひっそりと枝をすりわせている寂しい森の中が
とたんにあたたかく輝きはじめた。


このハーフターム、湖水地方へは行けなかったし、
今日も、距離の長いウォーキングへは行けなかったけれど、
この空に、青空の切れはしと、きらめくお日さまの光と、
それから、イアンとユインがいれば、それでいいやと思った。


お日さまをあびながら気持ちよく歩いていたのに、
おとといと同じ、やっぱり、ちょうど半分ってところで、
空はあれよあれよというまに白い雲におおわれて、にわか雨。

P7200017a.jpg

デュークスハウス(公爵邸)もぬれそぼっていた。

P7200018a.jpg

けれども、暗い雨の森の中で、スノードロップの群生が、
まるで、ほのかな光を放っているように見えた。

P7200015a.jpg

雨は、おとといのような暴風雨ではなかったし、
わたしたちが丘のふもとの道ばたにとめた車にたどり着くころには、
やんでいた。


ニューキャッスルにむかう路上の空に、再び青空が広がった。
もくもくと空にむかって立ちのぼる豊かな白い雲が、
たっぷりと日の光をふくみこんで目のさめるような純白に輝いている。


いつもいつも疲れていて、そのせいで気分まで滅入らせてしまう
厄介なわたしの目だけれど、その目があるおかげで、
わたしは、この景色を見ることができるのだ。感謝……。


車は、わが家を通りすぎて、市の外にあるアウトレットへ。
まだ店が閉まるまでには時間があるので、
昨日、買いそびれたユインのフディー(フードつき服)を
買いにいくことにした。


3軒ばかりの店を見て歩いて、気に入ったフディーが見つかった。
まあ、本人が気に入ったのだから、それにこしたことはないけれど、
これ、日本で着て歩くと、人がふり返るのじゃあないかな。

P7200035a.jpg

えっ。何だって? 何て書いてある?

P7200034a.jpg

意味はなさないけれど、一応、正しいカタカナにはなっている。
濁音が多いのは、視覚的に、楽しいデザインだから?


まあ、ともかく、
今日は、ユインの欲しかったフディーが手に入った。
気持ちのいい散歩もできたし、なかなかよい日曜日だったな。





スポンサーサイト
この記事のURL | お休み日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。