スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
キルヴィングローブ・アートギャラリー&ミュージアム 1
2008/03/28(Fri)
今日は、わたしたち一家がイースターの連休の初日に、
グラスゴーのキルヴィングローブ・アートギャラリー&ミュージアム
(Kelvingrove Art Gallery and Museum)を
訪れたときのもようをおとどけしようと思います。


ところで、今回、わたしたち一家が
グラスゴーのアートギャラリー&ミュージアムに行くことになったのは、
3年前、グラスゴー観光に出かけたときには、
改装中のため閉館していて見学できなかったからなのでした。


ニューキャッスルのわが家から車を走らせること3時間、
到着したのはお昼前、すでに駐車場はいっぱいだったので、
お向かいにある交通博物館の駐車場に車を止め、
アートギャラリー&ミュージアムにむかうと、
まず、グラスゴー大学が見えてきました。

P8150007a.jpg

キルヴィングローブ・アートギャラリー&ミュージアムは、
そのむこう……。

P8150010a.jpg

小雪が舞う寒い日ながら、
アートギャラリー&ミュージアムの前の桜とおぼしき木には、
まばらながら可憐な花をつけていました。

P8150143a.jpg

こちらが、
アートギャラリー&ミュージアムの正面の入り口。

P8150025a.jpg

入場料は、無料。
8000点におよぶ展示物が展示されています。
展示物の数は、3年にわたる改装前の倍になったのだとか。


入り口を入ると、まず目に飛び込んでくるのは、
正面にすえられた巨大なパイプオルガンと壮大な建物の内装……。

P8150038a.jpg

この建物の立つ以前、この場所にはマンション(大邸宅)があったのでしたが、

P8150108a.jpg

その敷地に、この建物自体は、
アートギャラリー&ミュージアムとして建てられたでした。

P8150133a.jpg

中央のホールをとりかこんで、
さまざまなテーマの展示室がならんでいます。

P8150040a.jpg

先史時代や古代エジプト時代から、

P8150046a.jpg

世界各地の自然や文化、民族にかんする展示、

P8150050a.jpg

地元グラスゴー出身の建築家、デザイナー、
チャールズ・レニー・マッキントッシュ(1868-1928)をはじめとする
グラスゴーのデザイナーのコーナーも。

P8150058a.jpg

イギリスにおけるアール・ヌーヴォーの騎手であった
チャールズ・レニー・マッキントッシュのデザインは、
現在でも、しばしばお目にかかる機会がありますが、
まったく古さを感じさせないのが不思議。

P8150064a.jpg

しかも、建築にも、美術にも縁のないわたしなどにも、
これ、マッキントッシュよねと、
ひと目で認識させるほど際だったユニークなデザイン。
って、やっぱり、時代をこえているってことなんでしょうかね。

P8150060a.jpg

まっすぐにのびる直線が曲線の優美さをひき立て、
水の流れを思わせるシンプルデザインには、
清楚な雰囲気がただよって……。

P8150059a.jpg

以前からフェミニンな感じがするなあとは感じていたのですが、
最近になって、マッキントッシュのデザインは、
妻マーガレットによるものがあることを知って、
なるほど~と思ったのでした。


再びホールへもどってきました。

P8150085a.jpg

イアンとユインが肩をならべて見入っているのは、巨大オルゴール。


P8150044a.jpg

さてさて、このあとは、
アートギャラリー&ミュージアムの目玉展示物が展示されている
お2階へとまいりま~す!





スポンサーサイト
この記事のURL | 旅のおもいで | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。