スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イギリス流アロマセラピー 1
2008/04/29(Tue)
おはようございま~す!
(って、日本はもう夕方ですが)


今朝も、昨日の朝と同じように、
イアンとユインは仕事と学校へ出かけていきました。
仕事も学校もまだ2日めなのに、
何だかもうすっかりこちらの日常生活になじんでしまったというか。


日本へ里帰りしていたのが
すでに遠い昔のことのように感じられたりもしています。
だからまだ記憶が鮮明なうちに書いちゃいたいことを
書いておかなくっちゃと思いつつ、


でも、今日は、まず月に4回アップとなっている
「地球の歩き方」海外特派員ブログからいってみたいと思います。
(今月のうちに何とか4本めがアップできて、内心、ほっ。。。)


今回のお題は、これまでとはちょっと趣向をかえて、
近年、日本でも一般に知られるようになった「アロマセ(テ)ラピー」です。


「アロマセ(テ)ラピー」という言葉はちょくちょく耳にするけれど、
「アロマセ(テ)ラピー」って、いったい何?
どうして、「アロマセラピー」だったり、「アロマテラピー」だったりするの?
といった素朴な疑問をもたれている方から、


イギリスで行われているアロマセ(テ)ラピーの現状を知りたい。
イギリスのアロマショップやアロマセ(テ)ラピーを学ぶ情報がほしいと
思われる方々までを対象に書いたつもりなんですけど……。


(長くなっちゃもんで、2回にわけてお届けすることになりますが)
さあて、仕上げをごろうじろ~!


最新記事「イギリス流アロマセラピー 1」へは、こちらから。





スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。