スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
おおっ、飛行機がやってきた!
2008/05/01(Thu)
チェックインしてスーツケースをあずけたあと、
セキュリティーチェックを受ける手前の通路のガラス窓のむこうを
イアンが無言で指さすので、


その先に目をやってみると、
空港に到着したときには青空ものぞいていた空が一面灰色にかき曇っていて、
その下を横なぐりの雪がまっているのでした。


その後も、雪の勢いはおとろえず、
搭乗ゲードが開くのを待っているあいだにも、
雪はあたりの景色を一面白くけむらせていくのです。

P1000087a.jpg

イギリスで暮らしはじめてから1度、
4月どころか5月に雪がちらついたこともあるにはあったけど、
やっぱり、4月の空に雪は似合わないな~。
などと思いつつ、ひたすら降りしきる雪をながめていると、


おおっ。いよいよわたしたち一家の乗り込む飛行機が
おぼろにかすむ雪景色の彼方から姿をあらわしたのでした。

P1000089a.jpg

今回、初体験のエミレーツ。


地元のニューキャッスル空港からの便がよくて、
しかも航空運賃が安いという理由から、
わが家は、これまでKLMオランダ航空の常連だったのでしたが、
まあ、いろいろあった上に、


去年の9月から新たにニューキャッスルに就航したエミレーツは、
アラブ首長国連合ドバイ経由で多少飛行時間が長くなるものの、
KLMオランダ航空よりさらに航空運賃が安いというので、


じゃあ、今回は、ちょっと試しに乗ってみることにしよう。
と、話がまとまったわけで、新体験のエミレーツの空の旅に、
いささか興奮気味のわが家なのでありました。


「でかいよね~」


ニューキャッスル、アムステルダム間を飛んでいるKLMは、
座席が通路をはさんで2列と3列の小型機なのでしたが、
エミレーツは、座席が2列、通路、4列、通路、2列もある
ニューキャッスル空港に飛んでくる飛行機の中では
最大級の飛行機なのでした。


ということは、ネットで座席予約をしたときに確認していたし、


「座席にスクリーンもついてるしね~」


ということも、しっかりネットで確認済みなのでした。


ニューキャッスル、アムステルダム間のKLMには、
各座席どころか、どこにもスクリーンはついていないのです。
なにせニューキャッスルからアムステルダムの飛行時間は、
1時間ほどなのですから。


ってことは、エミレーツ飛行時間が長い分、機内食も出るってこと?
ニューキャッスル、アムステルダム間のKLMの朝の便で出るのは、
コーヒーか紅茶とビスケットだけなのでした。


なんて期待を抱きつつエミレーツに初搭乗してみると、
飛行機が離陸する前に、新聞とおしぼりと、
それから、なんと機内食のメニューが出てきたのでした~。


というか。そう言えば、昔は、飛行機に乗ると
機内食のメニューもらったものだったなあと、
懐かしさがこみあげてきたのでありました。


そのメニューというのは、こちら。

P1000737c.jpg

中を開いてみると、

P1000742c.jpg

おっ。やっぱり。エミレーツ。
メニューは、アラビア語と英語。


何々……。


ランチ(昼食)

前菜 スモークサーモン
サラダ 季節のサラダとドレッシング
メイン チキンピカタ、または、ラムシチュー
デザート チーズケーキ
飲み物 紅茶、または、コーヒーとチョコレート



う~ん。楽しみ~。
お腹の虫がさわぎはじめたぞ~。
と思っていると、機長の機内放送が……。


「ただいま、右側の翼の氷をとかし終えたのですが、
今度は、左側の翼が凍りついてしまい、
これから、左側の翼の氷をとかす作業にとりかかります」



「な、な、何ですって~っ!」


「まあ、南国の飛行機だからさ。
北国のこんな空模様の飛行には慣れてないってことだな」



なんて腕ぐみしながら状況分析しているイアンちゃん。
まさか、あなた、お腹すいてないのですか?
この飛行機、午後1時40分に発つはずが、
時間は、すでに午後3時。


わたしたち、いったいいつになったら、
メニューの「ランチ(昼食)」にありつけるの~?





スポンサーサイト
この記事のURL | 日本へむけて、いざ出発!  | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。