スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今度は、日本行きの飛行機に乗る
2008/05/10(Sat)
ニューキャッスル空港離陸時に翼の氷とかしに手間どった飛行機は、
いくぶん遅れをとりもどしてドバイ空港に降りたったものの、
わたしたち一家のドバイ空港での乗りかえ時間は
1時間になってしまったのでした。


そこで、セキュリティーチェックをすませると、
空港内の物見遊山しているいとまもなく、
そそくさとゲートへとむかったわたしたち一家を
待ちうけていたのは、こちら……。

P1000110a.jpg

空港内もむっと暑かったのでしたが、
闇につつまれた屋外にも気だるい熱気がただよっていて、
そんな中を、満員のバスにゆられて数分ばかり走ると、

P1000108a.jpg

今度こそ、日本行きの飛行機が待っていてくれましたっ!
見てくれも、サイズもここまで乗ってきた飛行機と同じなのですが、
この飛行機が降りたつ先は、もう日本~!


ところで、前の飛行機でも、ずいぶん逡巡(しゅんじゅん)しつつ、
ついぞ勇気をふりしぼれないでいたわたしだったのですが、
今回は、



えいっ!旅の恥はかきすて~っ!



と、飛行機の搭乗口で笑顔をうかべているフライトアテンダントに
こそこそと遠慮気味な声をかけてみたのでした。


「キャンナイ テイク ア フォト オブ ユー?」


あなたの写真撮らせていただけませんかと……。
すると、即座に返ってきた答えが、


「オー。ノー、ノー、ノー」


びえ~ん。やっぱり拒絶されてしまった~。
やっぱり、聞かなきゃよかったよ~。
と落胆していると、


一瞬の躊躇の間のあと、
あきらめたような小声が……。


「OK」


ひょっえ~。
ほ、ほんとに、いいんですかあ~。
それはそれは、


「サ、サンキュ~!」


で、そそくさとカメラをむけ、ぱちりっ。

P1000111a.jpg

きれいな方ですよね~。


それはさておき。
エミレーツのフライトアテンダントさんのユニフォーム、
帽子には優雅なドレープを描く長いヴェールがついていて、
それで鼻から下をおおうとアラビアンナイトの世界ではありませんか。
いやあ、エキゾチックで素敵だなあと思ったのでした。


ダバイまでの飛行機の座席には、
枕とヘッドフォーンがおかれているだけだったのですが、
ドバイから日本行きの飛行機の座席には、
そのほかに、こんなものが……。

P1000745a.jpg

そして、中からは、

P1000747a.jpg

こんなの出てきましたよ~。
アイマスク、折りたたみ式歯ブラシと歯磨きチューブ、
要望お知らせシールに、ポシェット用のストラップとくつ下。


そう言えば、その昔、飛行機に乗ったら、
こういった旅行セットをもらった覚えが……。


(今も、ビジネスクラスにはついてくると思うのですが、
ビジネスクラスにはとんと縁のないわが家がこんなのもらったのは、
どさくさにまぎれてエコノミー料金で
ビジネスクラスに乗っけてもらって以来なのです)


ところで、
先の画像のピンクと緑とオレンジの色あざやかなシールは、
わたしが勝手に「要望お知らせシール」と名まえをつけたのですが、
ドバイまでの飛行機、この飛行機のヘッドホンの
入っていた袋の中にも入っていました。


ピンクのお休みしている顔マークの下には、
「Do not Disturb」(じゃましないでね)、


緑のお皿とナイフとフォークの絵の下には、
「Wake me up for」(起こしてね)、


オレンジの「Duty Free」(免税)と書かれた袋から
くまさんのぬいぐるみが飛び出している絵
の下にも、
「Wake me up for」(起こしてね)と書かれていて、


シールの裏面には、これらのシールの1枚を、
座席の肩にお貼りつけくださいとの説明が……。
なるほど、自分が眠っているあいだに起こるかもしれない事態に、
自分はどう対処してほしいかの要望を伝えるシールなのでした。



う~ん。こりゃあ、いいアイデア!
(ってわたしは、これらのシールにお世話になる機会は
なかったんですけどね)


ニューキャッスル発ドバイ行きの飛行機とはちがって、
日本行きの飛行機は、深夜のドバイをあとにして
定刻どおりに一路日本へと飛びたちました。


わたしたち一家の体内時計、イギリス時間では午前12時15分。
イギリスのわが家にいれば熟睡している時間なのでしたが、
それからほどなくこの飛行機はじめての機内食が運ばれてきたのでした。


う~ん。そう言えば、前の飛行機で、
午後4時半ごろ遅いランチはとったけれど、
わたしたち、夕食はまだだったのよね~。





スポンサーサイト
この記事のURL | 日本へむけて、いざ出発!  | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。