スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
古代ローマの要塞ハウステッズ 補足
2008/05/20(Tue)
先の日曜日は、先日ご紹介した古代ローマ時代の遺跡、
「ハウステッズ(Housesteads)」の駐車場に車をとめて、
ノーサンバランド・ナショナルパーク(Northumberland National Park)の
野っぱらを歩いてきました。


丘の緑がますます色濃く輝いて目のさめるような美しさ。
野原には、そのほかにも熟していく春を感じさせる光景が
あちこちで見うけられたのでしたが、


今日は、まず、先日の「古代ローマの要塞ハウステッズ」で
ご紹介しそびれていたことを補足としておとどけしようと思います。


先日は、ハウステッズよりずっと西の駐車場に車をとめ、
ハドリアヌスの城壁にそってハウステッズに入ったので、
ご紹介していなかったのですが、


ハウステッズだけを見学されようと思われる場合は、
最寄の駐車場は、ミリタリーロード(Military Road)、
または、ローマンロード(Roman road)と呼ばれている道(B6318)沿いに、

P1000913a.jpg

インフォーメイションセンターや売店などの設けられた
駐車場があります。

P1000861a.jpg

今回のウォーキングで、わが家が車をとめたのは、その駐車場。
そして、こちら駐車場の片すみに立っている案内板。

P1000866a.jpg

地図は、北イングランドのブリテン島がくびれた部分で、
赤線で描かれているのが、ブリテン島を東西に走るハドリアヌスの城壁です。
(ちなみに、地図の左下の部分が、湖水地方)

この城壁沿いに、ローマ時代の遺跡やその博物館が点在しています。
また、城壁に沿ってブリテン島を東西に横断できる
ウォーキングルートも整備されています。


ハウステッズのローマ要塞は、
ハドリアヌスの城壁のちょうどまん中あたりに位置しています。


駐車場のかたわらには、
インフォーメイションセンターや売店、WCがあって、

P1000863a.jpg

その建物のアーチ型にくりぬかれた通路ををくぐりぬけて、
ローマ遺跡へとむかうのですが、
画像の左手の看板に、ふと目がとまったのでした。


それは、各国語で書かれた、
「WELCOME(ウエルカム)」だったのでしたが、

P1000859a.jpg

「よろヒモ」……?


いやあ、こういうの見かけると、
写真に撮っとこう~っ!
と思っちゃうんですよねえ。


文字の厳密さはさておいて、
日本語もあるって、
それだけで嬉しくなっちゃいます。


さてさて、売店わきの通路を通りぬけ、

P1010013a.jpg

左手へむかうと、緑の景色が開けて、

P1000870a.jpg

「ハウステッズ・ローマ要塞(Housesteads Roman Fort)」
と書かれた看板。
そして、視界はるか遠方に遺跡らしきものが……。

P1000874a.jpg

小道を遺跡にむかう人影が点々とごらんいただけるかと。
これが、前回ハウステッズを訪れたときに、
わたしたち一家がわざわざ駐車場までやってこなかった理由なのであります。


とはいえ、ハウステッズの遺跡を訪れるには、
やっぱり、この駐車場に車をとめるのが1番近いのですけれどね。


ま、とにかく、こんな田舎なので、
ハドリアヌスの城壁めぐりには、車があるにこしたことはないのですが、
車をご利用でない方も、観光シーズンには、
ハドリアヌスの城壁沿いのあちこちで乗り降りできるバスが運行しています。
(そのバスサービスの詳細は、こちらのサイトでごらんになれます)


いよいよハウステッズの足もとまでやってきました。
先の記事でご紹介した古代ローマ兵のモデルや
その他の資料が展示してある小さな博物館、

P1000884a.jpg

その右手に、ハウステッズの遺跡への入り口があります。

P1000885a.jpg

そして、このあたりから駐車場をふり返ってみますと……。

P1000888a.jpg

おやおや、影も形もありません。
実は、駐車場は、こんもりとした木立ちのむこう側。


いやあ。もうけっこう歩いてきたんだなあって感じがしますでしょ。
でも、実は、ここからが今回のわが家のウォーキングなのです。


ではでは、ハウステッズの遺跡に別れを告げ、城壁ぞいを西へ、
そして、観光客の姿のとだえた野っぱらのまっただ中へと
わたしたち一家、向かうことにいたします。





スポンサーサイト
この記事のURL | 田舎へお散歩 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。