スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ユインの日本体験記 3
2008/05/23(Fri)
今日のお話は、
この春、一家で日本に里帰りしたときのことをつづった
日本へむけて、いざ出発!」の中のお話です。
ユインの日本体験記 2」からづつきます。
 


日本ではいろいろ美味しいものを食べた。
すき焼きに天ぷらにカツカレー、
日本のパンやまんじゅうも美味しかったなあ~。


今日は、その中から、
ぼくが日本で初体験した食べものについてレポートします。
まずは、このレストランで食べたものから……。

P1000376a.jpg

おおっ、やってきた~!

P1000373a.jpg

おっもしろいねえ~。


これまでに、テレビで見たことはあったけど、
実際、お寿司がベルトコンベアにのって運ばれてくるのを
見たのはこれがはじめて。


ぼくは、このあいだ学校で、
外国語としての日本語のスピーチの試験を受けたんだけど、
そのときに、日本に行って印象に残ったことのひとつに、
このベルトコンベア寿司の話をしたんだ。

P1000377a.jpg

お寿司だけじゃあなくて、
次から次へといろいろなものがやってくるから
どれにしようか迷っちゃうよねえ~。

P1000378a.jpg

えっ。これって、魚の卵じゃあ?
うへっ。こんなの食べるの~。



でも、これなら、イギリスにもあるよ。
お寿司の上にのっかってるのを見たことはないけどね。
じゃ、ちょっと試してみます。

P1000379a.jpg

味は、う~ん。
英語をしゃべる人なら、きっと、
「ディファレント(変わってる)」って言うことでしょう。


まあ、お寿司はこのくらいにして、
このあと、ぼくは、うどんを注文しました。
そしたら、これが大正解だったので、
お代わりを注文したんだよ。


そしたら、かずのりさんに、
回転寿司でうどんを2杯も食べた人をはじめて見た~。
って驚かれてしまいました。


かずのりさんというのは、みやこちゃんのいとこで、
この回転寿司のレストランにぼくたちを招待してくれたんだ。
それだけではなくて、かずのりさんは、
美味しいコーヒーをごちそうしてくれると言って、
家にも招いてくれたんだ。


そこで、ぼくは、またはじめての体験をしました。

P1000426a.jpg

コーヒーミルでごりごりとコーヒー豆をひくと、
とたんにいいにおいがあたりにただよってきたよ。


そして、ぼくがコーヒー豆をひいているあいだに、
かずのりくんの奥さんのいくちゃんがテーブルの上に、
7、8個の全部種類のちがうケーキをならべたんだよ~。


テーブルがケーキのお花畑みたいになっちゃって、
どれを選ぼうか思案していたから、
せっかくのケーキの写真を撮り忘れてしまってました。


ぼくは、その中から、スポンジケーキに生クリームののった
ショートケーキを選んで食べたんだけど、
やっぱり、日本のケーキは、ほわほわで、
口に入れたとたんにとろけそう~。
あっというまに、ぼくのお腹の中へ消えていきました。


そして、ふと見ると、どうしたわけだか、
テーブルに1番大きなケーキがひとつ残っていた。
そのケーキは、バベルの塔のような形をした巨大なシュークリームで、
生クリームやカスタードクリームのほかに、
まわりに生のフルーツもはりついてるんだ。


すると、いくちゃんが、


「ユインくん。よかったら、どうぞ」


と言ってくれたんだよ~。
だから、ぼくは、指先でそのケーキののったお皿をつまんで、
そっと自分の方へひき寄せたんだ。


そのとき、ななめ横から強い視線を感じたんだけど、
ぼくは、無視して、
ざっくりとフォークをケーキにつき立てた。


そしたら、なんと、
巨大シュークリームの中には、
プリンまで入っていたんだよ~っ!


「きゃ~っ!すご~い!」


と、声をあげたのはみやこちゃんだった。
そして、ななめ横から、
みやこちゃんのフォークが飛んできたんだよ。


ぼくが、ギロリッとにらみつけると、
今度は、みやこちゃんがぼくの視線を無視した。
でも、2回めは飛んでこなかったから、
ぼくは、ゆっくりとケーキを味わうことができた。


ぼくが、日本のケーキをお腹いっぱい食べたのも、
これが初体験でした。
やっぱり、日本の食べものは美味しいなあ~。


かずのりさん、いくちゃん、ありがとう~!





スポンサーサイト
この記事のURL | 日本へむけて、いざ出発!  | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。