スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
これでも、分別(ふんべつ)ある分別(ぶんべつ)?
2008/06/04(Wed)
ほんとうにもう信じられな~い!
またまたわが家の玄関先に、
こんなのが届けらたんですよ~っ!

P1010291a.jpg

以前から使用している一般ゴミ用のゴミ箱も、
先日届いた2つめののガーデンゴミ用のリサイクルゴミ箱も、
今回届いたこの3つめの巨大ゴミ箱も、
それぞれが、60×75×110センチもあるっていうのに~!


そして、ただ今、わが家では、
先日、届いたガーデンゴミ用のリサイクルゴミ箱の置き場を
家財道具、DIY工具、洗濯機でごった返している
ガレージのどこに確保するかで思案にくれてるまっ最中だっていうのに~!


しかも、先日届いたガーデンゴミ用のゴミ箱にかんしては、
あらかじめお知らせがきて、希望しない場合は、
受けとらなくてもよかったのですが、


今回の3つめの巨大ゴミ箱は、
早朝、まるで不意打ちをくらわせるかのように、
突然に市のどでかい配送車がやってきて、
ひと言の断りもなく玄関先に放置していったのです。

P1010412a.jpg

2つ折りにされ、郵便受けにつっ込まれていた
リーフレットを開いてみると、

P1010422a.jpg

Recycling collection
(リサイクルゴミの収集)

We have given you a blue recycling wheelie bin
as part of the improvements to our recycling service.
(リサイクルゴミのサービス改善の一環として、
青いキャスターつきゴミ箱を差し上げました)





なに~っ!

「差し上げました」ですって~っ!





と、心の中で絶叫しつつ、つづきを読んでみると、
どうやらこのゴミ箱は、
市が新たに回収するリサイクルゴミの幅を広げるにあたって
増えるであろうリサイクルゴミの量に対応するためのもの。


これまでのリサイクルゴミ箱を回収するので、
今後のリサイクルゴミのゴミ出しには、
このキャスターつきの巨大ゴミ箱を使うようにとのこと。


(従来のリサイクルゴミのゴミ箱と一般ゴミの収集事情は、
分別(ふんべつ)ある分別(ぶんべつ)?」でご紹介しています)


この新しいリサイクルゴミのゴミ箱は、
パカリッとふたを開けると、2層構造になっていて、

P1010245a.jpg

とはずしのきく上層の箱に、ガラスボトルやビン、電池などを入れ、
ペットボトル、ダンボール、電話帳、封筒類、衣類、リネンなど
その他のリサイクルゴミは下層へという造りになっています。


さらに、新たなリサイクルゴミ収集にかんする
リーフレットの文面を読み進んでいくと、


Your new bin is four times the size of the black recycling box
so you should have plenty of room for your recycling.
(従来の黒いリサイクルゴミ箱にくらべると、
新しいゴミ箱のサイズは4倍となっており、
あなたのリサイクルにじゅうぶんな容量があるはずです)



とのことなんですけどねえ~。
どうして、市は、ゴミ箱のサイズを大きくするより、
2週間に1回のリサイクルゴミ収集の頻度を
ふやすことを考えてくれなかったのでしょうか。


そりゃあ、たしかに、
ゴミの収集日をふやすとそれだけ人件費もかかるなんてことは、
このわたしにだってよ~くわかってはいるんですけど。


費用ってことなら、先のガーデンゴミ用のゴミ箱にくわえ、
今回のリサイクルゴミ用のゴミ箱を新たに各家庭に配布するのにも、
かなりの費用が必要だったのではないかと。


その費用は、
つまるところ市民の税金によってまかなわれていることを考えれば、
もう少し市民の生活環境ってものも考えに入れてくれてもよかったのでは
と思うわけなのです。


どうやら、わが家だけではないのですよ。
今や、1家庭に3つもなってしまった巨大ゴミ箱の
置き場に手を焼いているのは……。

P1010283a.jpg

ねっ。

P1010272a.jpg

ねっ。

P1010275a.jpg

ね~っ!

P1010280a.jpg

このように、うちのあたり家々の玄関先は、
今や、巨大ゴミ箱であふれかえってるのですよ~!


P1010284a.jpg

リサイクルゴミの分別がはじまったころは、
市民に負担のかかりすぎない
「分別(ふんべつ)ある分別(ぶんべつ)」だと思っていたのですが、

昨今では、
「これでも、分別(ふんべつ)ある分別(ぶんべつ)?」と問いたくなる
わが家のあたりのリサイクルゴミの分別状況なのであります。





スポンサーサイト
この記事のURL | イギリス暮らしおもしろ事情 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。