スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハッピー・ファーザーズデー
2008/06/16(Mon)
イギリスの母の日は3月なのですが、
どうしたわけか。父の日は、日本と同じ……。
というわけで、昨日は、イギリスも父の日だったのでした。


今年は、もう何も言わないぞと心に決めていたわたしなのでしたが、
いよいよ迫ってくると、どうにも口をつぐんではいられなくなり、
つい、


「ねえねえ、ユイン。明日、何の日が知ってる?」


と、聞いてみたところ、


「知ってるよ」


そうか。知ってたか。


「ならいいんだけどね」


それだけ確認すると、あとは口をつぐんでおくことにしたのでした。


すると、一夜明けて、父の日の朝、
いつもの日曜日のようにわたしが1番遅く階下におりていくと、
すでにユインはパソコンにむかっており、
イアンは、そのとなりのソファーで新聞を広げていたのでした。


そして、英語で(って、日本語では言えないので)、


「ユインがカードとプレゼントをくれたよ」


となどと言うので、
ユインがイアンにそれらを手わたす場面には立ちあえなかったのですが、
どれどれ……。


いつものようにパソコンで製作した
ユイン作のハンドメーイドのカードを手にとってみると、

P1010675b.jpg

ハッピー・ファーザーズデー 父さんへ!


「父さん、ハッピーそうだろ?」


「うん。いい写真、見つけたね」


「でも、これいつ作ったの?」


今朝、起きて作ったにしては、手が込んでいるではないか。


「1週間くらい前から……」


ふう~ん。母の日のカードは、
その日の朝、バースデーカードのハッピーバースデーを
ハッピーマザーズデーにかえただけだったのにな。
ま、いいけど。


うしろをひっくり返すと、

P1010678a.jpg

ラッキーモンキー・エンタープライズ製作
このハンサムガイ(男性)の顔、どこかで見なかったっけ?



「ユイン。なかなか、こってるじゃ~ん!」


「へへっ。そうでしょ?」


(ちなみに、イアンが会話にくわわってこないのは、
わたしとユインが日本語で話しているから。
新聞を読んでいるイアンは、ユインとみやこが
何やらカードについて話しているなとわかっているはずですが)


さらに、カードの中を開いてみると、

P1010680a.jpg

父さんへ
今日がいつもの日より特別な1日になりますように。
そして、そのことを祝って、
父さんにぼくの代わりに日本語を勉強させてあげるよ。
ユインより



(日本へ里帰りしてイギリスのわが家に帰ってくるごとに、
日本語を勉強するぞと心に決めるイアン、
今回も、いったんは、心に決めたんですけどねえ~)


さて、今度は、(ぼくのカードに)なくてはならないジョーク:

ある人がガソリンスタンドでガソリンを満タンにした。
ガソリンスタンドの人がその車の後ろの座席にすわっている
2匹のペンギンを見て言ったんだ。

「なんでペンギンが後部座席になんかすわってるんですか?」

車の中の人は言った。

「やつらを見つけちまってね。で、どうしよかって思案したものの、
これって考えがうかばなくてねえ」

ガソリンスタンドの人はちょっと考えてから言った。

「そいつらを動物園に連れていくってのは?」

「ヘイ。それは名案じゃないか!」

と車の中の人は言って、走り去っていった。

次の日、同じ車の人がまた同じガソリンスタンドにやってきた。
ペンギンたちが、まだ後部座席に座っているのを
見たガソリンスタンドの人は、

「ヘイ。そいつら、まだいるじゃないですか。
てっきり、動物園に連れていったと思ってましたよ」

「そうさ。連れていったとも!」

と言って、ドライバーはつづけたんだ。

「そこで、めいっぱい楽しんだよ。
で、今日は、やつらをビーチに連れてってやろうと思ってるんだ」





う~ん。


「ちょっと聞くんだけどさ。ユイン。
このジョークおもしろいの?」



「え~っ。おもしろくないの~?」


と、逆に聞かれてもねえ。


「ねえねえ、イアンちゃん。
イズ ディス ジョーク ファニー(このジョークおもしろいの)?」



「ファイ ノット(おもしろくないのか)?」


う~む。父子で、口をそろえて同じ答えをするとは……。
さては、ジョークのセンスは、父親ゆずりなんだなユイン。


でもって、
ユインの父の日のイアンへのプレゼントというのは、こちら。

P1010681a.jpg

これは、手のひらサイズの箱です。
このように、スライドさせることによって、ふたが開きます。

P1010684a.jpg

まあ、悪くはないデザインなのですが、
中は、底が浅いのでごく小さな物しか入りません。


実は、これは、ユインが学校の技術の授業で作った作品。
つまり、自腹を切らずにあり合わせで間に合わせたプレゼント。


う~む。ハンドメイドのカードといい、この間に合わせの小箱といい、
さては、プレゼントのセンスは、母親ゆずりなんだなユイン。





スポンサーサイト
この記事のURL | ほのぼの家族のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。