スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
聖なる島ホーリーアイランド巡り 2
2008/06/20(Fri)
わたしたち一家のホーリーアイランド(Holy Island)の島巡り、
まずは、この島の観光の1番の目玉、
リンディスファーン・キャッスル(Lindisfarne Castle)を訪れることにしたのでした。

IMG_0151a.jpg

このお城、
16世紀、チューダー朝時代に島を護る要塞として築城されたのでしたが、
20世紀初頭にエドワード様式の別荘として補修、内装をほどこされ、
現在は、史跡自然保護団体ナショナルトラストの管理のもとに
一般公開されています。

IMG_0169a.jpg

丘のへりに巻きつくようにのびる石畳の小道をのぼっていくと、

P1010112a.jpg

眼下には、やわらかい光をふくんだ海の景色が見おろせるのでした。
視界のかなたに広がっているのは、ブリテン島の本島。

P1010137a.jpg

そして、左手、切りたった丘の上には堅固な城壁がのぞめます。
城壁の手まえに見えている手すりのついた石段をのぼりつめると、

IMG_0173a.jpg

お城への入り口がぽっかりを口を開いています。

P1010145a.jpg

入り口をくぐると、さらに石段があって、この石段をのぼりつめると、

P1010144a.jpg

その奥に、やっと城内へのほんとうの入り口が姿をあらわします。

P1010142a.jpg

城内に1歩足をふみ込むと、外の明るさがまるで嘘だったかのような薄暗さ。
さすが、島を護るための要塞として築かれただけあって、
内部の壁もすべて堅牢な石造りになっていて、


まるで洞くつの中の迷路でもあるかのような
狭いローカのわきや石段の導いていく先々に、
やっぱり、石の壁にかこまれた居室、ダイニングルーム、
ベッドルーム、キッチンなどがならんでいるのです。


城内でのカメラ、ビデオの使用は禁止なので、
各部屋のようすはご紹介することができないのですが、
それぞれの部屋には、手彫りの家具やベッドがしつらえてあって、


薄暗くて窮屈な巣穴の中にいるような感じがする一方で、
こじんまりとしてどこかしらあたたかな雰囲気もただよっています。
どんなに厳しい冬の夜にも、暖炉に火を入れれば、
その炎に照らされた部屋の中には、外の世界とは無縁の
心休まる平穏が満ちるのではと思わせられるような……。


順路にしたがってあちらこちら城内を探検しているうちに、
入ってきたのとは別の出口から城外へ出ました。

P1010133a.jpg

中央にたっているポールの上に、
遠方からも認められたナショナルトラストのロゴの描かれた旗が
風にひるがえっています。

P1010132a.jpg

このテラスになった場所をかこんでいる城壁の上から
ながめられる景色は……。

P1010138a.jpg

はるかな岬の中央にリンディスファーン修道院の遺跡と
右手につらなる村の家々のいらか。

IMG_0179a.jpg

お城の裏手の方向には、だだっ広い野原と羊の群、
それから、壁にかこまれたウォールドガーデン。

P1010140a.jpg

このあと、わたしたち一家、もう1度薄暗い城内へもぐりこむと、
残りの部屋を見てまわり、リンディスファーン城をあとにしたのでした。


お城見物のあとは、村を散策しながら、
リンディスファーン修道院の遺跡の方向へ。

P1010236a.jpg

素敵なコテージの窓辺も素敵……。

P1010237a.jpg

村の中には、かなりの数のB&B(民宿)やホテルもあって、
島に宿泊することも可能です。

P1010238a.jpg

わたしたちのような日帰り客は干潮のあいだに島を離れるので、
島に宿泊すると、ひっそりと落ち着いた島の顔にも
出会えるのではないでしょうか。

P1010151a.jpg



P1010161a.jpg

「The Island Store(島の店)」という名まえのお店。

P1010163a.jpg

村の広場には、テイクアェイのフィッシュ&チップスをベンチに並んで
頬ばっている人々の姿もありました。

IMG_0213a.jpg

あとから考えるに、これは、
リンディスファーン修道院遺跡での観劇にそなえての
腹ごしらえだったのではと思います。


観光客の人々がぞろぞろと歩いていくのにしたがっていくと、
わたしたち一家、いつしかリンディスファーン修道院の遺跡の前に
やってきていたのでした。





スポンサーサイト
この記事のURL | 田舎へお散歩 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。