スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ニューキャッスルの街をぶらぶら 2
2008/07/03(Thu)
ニューキャッスルの街の中で1番にぎやかな通り、
ノーサンバランド通り(Northumberland Street)に足を踏み入れると、

P7050028a.jpg

雑踏の中で、バグパイプを演奏している人が……。


土曜日の昼下がり、通りはかなり込み合っています。

P7050030a.jpg

とはいえ、以前、日曜日は、大型店舗の営業は禁じられていたので、
土曜日は、週末ゆいいつのショッピングデーで
この通りは、まさにイモの子を洗うようにごった返していたのでした。


ですが、日曜日でも、6時間は営業できるように法律が改正され、
近年は、土曜日の街の込み具合がいくぶん緩和されました。


(日曜日に、営業活動をしてはならないという法律は、
日曜日を安息日とするキリスト教の教えから来ていたようなのですが、
現在、日曜日に教会に行くイギリス人は、7%ほどなのだとか。
教会よりショッピングが、イギリスの今の世の趨勢(すうせい)のようで
ありますね)


P7120158a.jpg

ところで、このイングランドの北のはてに位置するニューキャッスル、
人口30万人ほどの辺境の小都市ではあるのですが、
お店の充実度にかんしては大きな都市にもひけをとらないのだそうです。


ニューキャッスルの川むこうのゲーツヘッド市の郊外には、
屋外ショッピングセンターとしては、ヨーロッパ最大の規模を誇る
メトロセンター(MetroCentre)もあります。


というのは、ニューキャッスルの一歩外、
わが家から車でものの5分あまりの場所に、
北欧やオランダなどからのフェリーの入る港があって、


そのフェリーを足にして北欧諸国からイギリスへやってくる
買い物客がニューキャッスルの街やメトロセンターに
どっと押しよせてくるというわけなのです。


北欧諸国の物価は、イギリスのざっと倍なのだそうですよ。
となると、ちょっと大きな買い物をすると、
はるばる北欧からやってくるフェリー運賃が
ういてしまうということになるのかもしれません。


その昔、無駄なことをするのをいましめたとえに、
「ニューキャッスルに石炭を運んでいくなんて無駄だ」
と言われるほど、ニューキャッスルと言えば、
石炭の産出地として知られていたのでしたが、


どうやら今は、ショッピングを目的とした観光都市として、
ヨーロッパ、おもに北欧ではないかと思われるのですが、
その名を知られているようなのです。


地元の新聞に、ニューキャッスルは、
ヨーロッパで7番めの観光都市と書かれているのを目にしたときには、
えっ?と思ったのでしたが……。


ですが、まあ、時間的なゆとりがあって、
イギリス経由で北欧やオランダを旅されようと思われる場合、
逆に、北欧やオランダからイギリスへという旅程を組まれている場合は、


ニューキャッスル近郊から発着するフェリーをご利用になり、
そのついでに、ニューキャッスルと周辺の観光や
ショッピングを楽しまれるのもいいかと。


北欧でなくとも、通貨ユーロを採用している国々の物価は、
頑固にポンドを保持しているイギリスにくらべると高めらしいですしね。
ショッピングの対象にもよりますが、ヨーロッパ諸国の中では、
お買い物はイギリスでされるのがお買い得のようです。


さてと、このノーサンバランド通りをのぼりつめると、
正面には市役所、左手には、ニューキャッスル大学のある
ヘイマーケット(Haymarket)と呼ばれる地域に出て、
わが家へ帰るバスの出るバスターミナルもあるのですが、


うちへ帰るにはまだ時間が早いし、
セントラルアーケードのあたりを歩いていないのを思い出したので、
Uターンして、アール・グレー像の見おろすグレー通りへとひき返しました。


こちら、グレー通りにあるセントラルアーケードの入り口です。

P7050046a.jpg

入り口をくぐってふり返ると、

P7050051a.jpg

アーケード内部には、雰囲気のあるお店がならんでいます。

P7050048a.jpg

反対側の出口へぬけて右手の方向に進むと、
グレンジャー通り(Grainger Street)に、
グレンジャー・マーケット(Grainger Market)があります。


グレンジャー・マーケットは、常設の屋内マーケットです。
こちら、入り口のひとつ。

PC210044b.jpg

ちょっと中をのぞいてみますと、

PC210047a.jpg

衣料品のほか、八百屋さん、肉屋さん、日用雑貨や本屋さん、
お花屋さんに、お茶屋さんにカフェもあって、
ニューキャッスルの一般庶民の台所といった感じです。


とはいえ、今は、郊外の巨大スーパーに押されて、
残念ながら往時のにぎやかさはありません。


こちら、マーケットの外のグレンジャー通りです。

P7050231a.jpg

日本でもおなじみのファーストフードのお店もあります。

P7050232a.jpg

この向かいには、マクドナルドもあるんですけど、
どうしたわけか。イギリスには、ミスタードーナッツがありません。

P7050230a.jpg

グレンジャー通りのほぼ南端まで来てしまいました。

P7050227a.jpg

通りの手前は、ニューキャッスル中央駅なのですが、
駅周辺はすでにご案内してしまったので、もしお疲れでなかったら、
今度は、中華街あたりへ足をむけてみるとしましょうか。





スポンサーサイト
この記事のURL | わが家とその周辺 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。