スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
キーサイドのサンデーマーケット
2008/08/28(Thu)
今日は、昨日につづいて
ニューキャッスルを流れるタイン川の河畔キーサイドの風景を
おとどけしようと思います。


キーサイドを見物するにはぶらぶら歩くのもいいですが、
タイン川の河口まで足をのばしてみようと思われる場合は、
クルーズという手もあります。

P1040113a.jpg

わたしたち一家がキーサイドに到着すると、
ちょうど乗客を満載した遊覧船が岸をはなれるところでした。

P1040167a.jpg

キーサイドのニューキャッスル側とゲーツヘッド側をつないでいる
歩行者専用の橋「ミレニアムブリッジ(Millennium Bridge)」では、
警笛が鳴らされ、通行中の歩行者が橋をわたり終えると、

P1040160a.jpg

「ブリンキング・アイ(まばたきをする目)」という通称をもつ
「ミレニアムブリッジ」のまぶたがゆっくりと開いて遊覧船を通過させ、

P1040157a.jpg

巨大なまぶたは、再びゆっくりと閉ざされます。


タイン川をへだてた対岸のゲーツヘッド側では、
昨日ご紹介した「ピクノポリス」が開催されていたのですが、
タイン川のこちら側では、日曜日の恒例となっている
サンデーマーケットがにぎわいを見せていました。

P1040122a.jpg

サンデーマーケットの屋台の行列は、
1928年の完成当時、世界最長のアーチ型の橋だった
タインブリッジ(Tyne Bridge)の足もとまでつづいています。

P1040124a.jpg

このキーサイド、ニューキャッスル側とゲーツヘッド側ともに
近年開発が進み、新しい建物が建てられたり、
古い建物が改装されて新しく生まれ変わったりしています。

P1040126a.jpg

かつては、このサンデーマーケットも安い衣料や日用品、食料品などを
あつかうストールが多かったのですが、キーサイドの開発にともなって、
国際色が豊かになり、カラフルでおしゃれな品々がならぶようになりました。

P1040127a.jpg


P1040129a.jpg


P1040130a.jpg

この先も、まだまだストールはつづくいているのですが、
ちょっと視点をかえて、川向こうの高台の河岸からながめてみると、

P1040185a.jpg

タイン川の水面(みなも)とキーサイドに面して建つ古い建物とのあいだに
とぎれることなく軒をつらねているストールがごらんいただけます。

P1040177a.jpg

タインブリッジの橋げたの向こうまで、いったいいくつ並んでいるのやら……。


結局、タインブリッジの果てまで到達せずにひき返してくると、

P1040194a.jpg

ニューキャッスルとゲーツヘッドの市街を巡行している
オープントップの観光バスが乗客を拾っているのに出くわしました。
よいお天気にも誘われて、思わず足がそちらの方へ
むいてしまいそうだったのですが、わたしたち一家は、
わたしたちの帰りをじっと待つわが家の愛車へとむかったのでした。





スポンサーサイト
この記事のURL | わが家とその周辺 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。