スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ちょっと手が出せないカイロ
2008/10/13(Mon)
今日も前回につづいて、
寒い季節に活躍するあたたかいグッズのお話。
というのは、こちら……。

P1040469a.jpg

イギリスでは、
「ヒート・パッド(Heat Pad)」と呼ばれている
使い捨てカイロ。


まだ日常生活にはあまり浸透していないので、
日本でのようにコンビニでちょいっと買える
おなじみの日用品というわけではないのです。


冬に、山や丘歩き、キャンプや釣りなどの
野外活動をする人たちの携帯用として売られているので、
スポーツ店や野外活動用品をあつかうコーナーのある店で
ちらほら見かけるという程度。


わたしたち一家も、冬場も田舎歩きには出かけるので、
その存在は知っていたのですが、
使ったことは1度もありません。


今回の使い捨てカイロは、
北極圏から帰ってきたばかりのイアンの兄が


(イアンの兄は南極観測船の乗組員なのですが、
北半球が夏のあいだは南極圏は冬で氷に閉ざされてしまうので、
イアンの兄の乗り組んでいる観測船は、
夏には北極圏方面へ出かけることがあるのです)


わたしたち一家が田舎歩きをするのと、
わたしが無類の寒がりなのを知っていて、
持ってきてくれたのでした。


実は、この使い捨てカイロ、
イアンの兄の観測船に取材にやってきた
イギリス国営放送BBCの取材陣の置き土産だったのだそうです。


わたしがイアンの兄からゆずりうけたのは、
先の写真の2つつづりのが4セット、
合計8つの使い捨てカイロだったのですが、
さっすが~っ!天下のBBCだなあと思ったのは、


こちらのお値段が目に入ったからなのでした。

P1040471a.jpg

1セット、つまり、使い捨てカイロ2個で、



3ポンド~っ!



最近変動が激しいですが、今のレートで、1ポンドは170円ほど。
ということは、カイロ8つで日本円にして、なんと、2040円なり~。


しかも、中身を取り出してみると、
ほらね。こ~んなにかわいいサイズなのですよ~。

P1040509a.jpg

説明書きによると、英語で、
「ご使用には、数度もんだり、ゆっくりとふったりしてください」
と書いてあります。


もしかして、今の日本の使い捨てカイロって、
袋から出すだけであたたかくなるのじゃあなかったでしたっけ?
それに、片面に粘着剤がついていて、
貼りつけることができるのじゃあなかったでしたっけ~っ?


「最高70℃、8時間有効、平均58℃」とあるんですけれど、
そして、「やけどの可能性があるので、地肌には触れないように」
とも書いてあるのですけれど、


地肌にでもつけないかぎり、
この大きさだと、あんまりあったかく感じないんですけれど~。
それに、粘着剤もついてないのに、
どうして、あたためたい場所に固定すればいいのやら~。


う~む。やっぱり、これじゃあ、使い捨てカイロが
イギリスの日用品になる日はまだまだ遠い先のことのような気がいたします。
ですが、これ書いている最中に、ふと思いついことが……。


もしかして、日本の使い捨てカイロって、
イギリスへの日本土産として受けるかもしれませんよね~。





スポンサーサイト
この記事のURL | イギリス暮らしおもしろグッズ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。