スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
1週間のご無沙汰でした
2008/11/03(Mon)
ユインの学校のハーフタームのお休みに合わせて、
イアンも有給休暇をとったもので、
ブログの更新もお休みをいただいておりましたが、


今日で、ハーフタームの休みも明け、
ユインとイアンも先ほど学校と仕事に出かけていきました。
わたしも、1週間お休みをいただいていたブログの更新を
再開させていただきます。


また、どうか、
よろしくお願いいたしますっ!
では、お休み明けの今日は、
まずこの1週間のわが家のできごとのご報告など。


と、思っているのですが、
その前に、お問い合わせのあった
「ハーフターム(Half Term)」のお休みについて……。


「ハーフターム(Half Term)」というのは、
学校の1学期の中間にある1週間のお休みです。
イギリスの学校、小学校から大学にいたるまで、
ハーフタームがあります。


6週間の夏休みのあと、
9月上旬から新学年がはじまって、
イングランドでは、毎年、10月の最終週が
1学期のハーフタームになります。


1学期が終わると、2週間の冬休み。
2学期には、2月に1週間のハーフタームのお休み。
そのあと、2学期が終わると、2週間の春休み。
そして、3学期には、5月に1週間のハーフタームのお休み。


と、いったサイクルで、
学校の学期とお休みが設定されているのです。
春、夏、冬休みは、日本の学校とほぼ同じ長さなので、


学期の中間にある1週間のハーフタームが3回分、
日本の学校に比べると、イギリスの学校は
年間3週間休みが多いということになります。


イアンの子どものころには、
ハーフタームのお休みはなくて、
夏休みが3か月だったそうなのですけれどね。


う~む。そのころから、すでに、
イギリスの学校は週5日制だったらしいし、
生まれる国を選べるならイギリスに生まれるべきでしたよね~。


さて、いよいよ本題、
わが家のこの1週間のわが家のできごとはと言いますと……。


長期休暇やハーフタームになると
ちょこちょこ遊びにやってくるロンドン在住の
ユインのお友だちがやってきたので、
いっしょに古城めぐりに出かけました。


わが家の暮らすスコットランド国境に近いこのあたり、
古来、スコットランドとイングランドの攻防戦の
最前線となってきたという歴史的背景があって、
あちこちにお城が建てられたのでした。


今に残っているそのお城の数々、廃墟になっているお城もあれば、
改築されて現在なお住居になってるお城もあるのですが、
そのほとんどは保存され、一般に公開されています。


すでに公開は9月末で終わっていて来春までお休みになり、
せっかく足を運んだのに見られなかったお城もあったのですが、
回ってきたお城は、またおいおいご紹介しようと思っています。


このハーフターム、
どうしたわけか、お城づくしになってしまったのですが、
北イングランドの古城めぐりのあとは、
一家で、スコットランドのお城へと足をのばしてきました。


この夏に、スコットランドへホリデーに出かけたときに、
歴史好きのイアンは、スターリング城(Stirling Castle)を
訪れたかったのでしたが、果たせずに終わっていたので、
今回のハーフタームには出かけようと決めていたのでした。


ちなみに、スターリング城は、スコットランドの首都エディンバラと
スコットランド最大の都市グラスゴーを結んだ地点より、
わずかに北に位置するスターリング(Stirling)の
小高い丘の上に建っています。


背後には、スコットランドの山岳地帯ハイランドがひかえていて、
スターリングは、歴史的にはスコットランドの要衝(ようしょう)の地であり、
また、風光明媚(ふうこうめいび)な景勝地でもあります。


スターリング城からのぞめるハイランドの山々は、
すでに雪のわた帽子をかぶっていました。


その風景もふくめ、スコットランド王家の夏の離宮であり、
世界最古のテニスコートがあることでも知られる
フォークランド宮殿なども見物してきたので、


また、このスコットランドの歴史紀行のもようも、
おいおいおとどけしようと思っています。
(まずは、夏のスコットランドと湖水地方のホリデーを
書きおえないとと思っているんですけどね~)


さらに、このハーフタームのあいだに、
イギリスのサマータイムが終わって、
日本との時差が9時間にもどりました。


朝は、1時間明るくなるのが早くなったかわりに、
夕方は、1時間暗くなるのが早くなってしまいました。
来春までどんよりとした暗い日々がはじまってしまいましたが、
毎年のこと、いたしかたがございません。


先週の金曜日のハロウィンには、
扮装をした近所の子どもたちがわが家の玄関口に立ち、
そして、この夏、主(あるじ)をなくしたお隣の家には、
「売り家」の看板が立ちました。


すでに、この週末、訪れた人々があって、
家を買いたいと複数の申し込みがあったとのこと。


ああ、刻々と時間は流れ、いつしか季節はかわり、
また新しいカレンダーにかけかえる時期が
やってこようとしているんだなあ~と感じます。


さあて、あと2か月で何ができるか。
時間においてけぼりをくっちゃわないようにしないと。
と、はたと気づいた休み明けの、
今朝のわたしなのでありました……。





スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。