スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夫婦でとんだ見解の相違
2008/11/27(Thu)
ゆうべ、夜食に、
お気に入りのビスケットを食べていたら、


んっ……。


その端っこから蜘蛛の糸のようなものがぶらさがっている。


近眼のわたしが目を凝らしてみると、
クモじゃあなかったんですけどねえ~。
指の先じゃあなくてツメの先ほどのイモムシがぶらさがって、
くねくね身をくねられてる。


ゾ、ゾ、ゾ、ゾ~~~~~ッ。


思わず手にしていたビスケットを投げ出して、



「イモ、いも、イモムシが~っ!」



悲痛な叫びにふりむいたイアンとユイン、


「どうしたの……?」


そんなのんきな声をあげてる場合か、



「イモムシのぶらさがってるビスケット、
食べちゃってたよ~っ!」




ゲゲゲっと身をのけぞらせ、
ビスケットの袋にのばそうとしていた手をひっこめたユイン。


「でも、食べたのは、
イモムシじゃあなくてビスケットなんだろ?」



と、イアンが言うもんだから、
口の中でのたのたと身をくねらせるイモムシの感触を想像して、


「あったりまえじゃ~んっ!」


よけいに鳥肌立った身をわななかせている
わたしに向かってイアン、



「ま、食べたのがイモムシの方だとしたって、
エクストラ・プロテイン(余分のたんぱく質補給)
になったじゃないか




そ、そ、そうか。だからなのか。
いくらアブラムシがいることがあるからと注意しても、
レタスやキャベツをけっして洗おうとしないのは、
イアンとわたしにはそういう見解の相違があったからだったのか……。





スポンサーサイト
この記事のURL | おもろい夫婦のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。