スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今日は、ユイン15歳の誕生日 その2
2008/12/15(Mon)
ユインが近所のお友だちの家で、
たっぷりとゲームをして帰ってくると、
ほどなく、イアンのホームメイドピザができあがりました。
トッピングは、ユイン好みのペパローニとパイナップル。

P1050805m.jpg

「美味し~いっ!」

今日のピザ台には、ちょっと工夫をこらしたんだとイアン。
イアンの作るのは、デープパンと呼ばれる
生地のぶ厚いイギリス式のピザなんですが、
たしかに、ほわほわ~っとやわらかいのです。


父から息子に伝える秘伝のレシピだ。
死の床で、ユインに伝授してやるからなとか言ってましたが、
それじゃあ、遅いのじゃあないかな……。


イアンのそんな言葉を聞いているのか聞いていないのか。
ランチで食が進まなかったのをとり返す勢いで、
ピザにかぶりつくユイン。


でも、カメラのレンズを見るその目は言ってるよね。

P1050813m.jpg

「みやこちゃん。また撮ってるの~」


ピザでバースデーディナーのあとは、
こちらもホームメイドのバースデーケーキ。


週末の食料の買い出しに行ったスーパーで、
わたしが一般的な細長いロウソクを選ぼうとしていると、
こっちの方がいいよと言って自分が選んだロウソクに、
キッチンでごそごそと火をともしはじめたイアンなのでしたが、

P1050820n.jpg


「は、は、早く~っ!イアンちゃ~ん!
『Y』がもうとけはじめてるよ~っ!」



P1050823m.jpg

「わかっているよ。もうちょっとだよ」


ところが、最後の1本の芯が寝てたもんで、
イアンが苦戦をしいられているあいだに、
『Y』は、ほどんどその形を認識できない姿に……。


「ユイ~ン! できたできたよ~っ!」


と、あせって叫んだ声に、
ケーキをリビングに運んでいく前に、
ユインがのっそりとダイニングにあらわれたもので、
急きょ、ケーキをダイニングテーブルの上において、


「ハッピバースデー・トゥ・ユ~♪ ハッピバースデー・トゥ・ユ~♪
ハッピバースデー・トゥ・ユ~イン・ハッピバースデー・トゥ・ユ~♪」



すると、ユインが、


ぷぅーーーっ!

P1050825m.jpg

パチパチパチパチ~ッ!


こうして、何ともあわただしいながら、
年に1度のユインの誕生日の儀式は、
無事におわったのでありました。


でもね。イアンが選んだロウソクのおかげで、
そのあとが、また大変……。


「トーサン。スプーンより、おはしだよ」


「おお、そうだな」


ユインのアドバイスをつねになく従順に受け入れたイアン、
スプーンをおはしに持ちかえて、
ケーキの上にしたたって固まったロウの小さなかけらを
ひとつひとつ根気よく拾っていくのでありました。

P1050829m.jpg

ま、本人もバースデーランチの飲茶の席で言及しておりましたが、
日本のおはしはすこぶる使い勝手がいいらしいのです。
そのことをその日のうちに、このブログ来てくださるみなさんにも、
実演してお見せすることができてよかったね、イアンちゃん!


ロウソクをとってしまうわ。おはしのひっかき傷ができてしまうわ。
姿は無残このうえないケーキになってしまったのでしたが、
お味の方は……。

P1050830m.jpg

「うん。美味しいよ~!」


あ~っ。よかった~。


P1050795m.jpg

こうして、週末と重なって、
もうちょっとゆっくりとした1日になるかなと思っていた
ユイン15歳の初日も終わりをむかえたのでありました。


ふり返れば、この1年、
またたくまにすぎてしまったような気がするのですが、
もしかしたら、次の1年は、もっと駆け足ですぎていくのかなあ~。





スポンサーサイト
この記事のURL | ほのぼの家族のひととき | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。