スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クリスマスビーフを求めて
2008/12/24(Wed)
2008.12. 23 Tue. 晴れのちくもり


今日は、恒例、
わが家恒のクリスマス用食料の買い出し日。


(イギリスのクリスマスイブは、日本の大晦日のような感じ。
スーパーはごったがえして、売り切れの品も出てしまうので、
わが家のクリスマスの食料の買い出しは、
毎年、12月23日にすることにしているわけなのです)


いつもの年は、イアンが仕事から帰ってきて、
夕食をとったあとに出かけるのだけれど、
今年はイアンがお休みとってるから朝一で出かけよう!
と話が決まっていたはずだった。


その方がスーパーはすいているし、
また午後、どこかへ歩きにいけるかもしれないし。
なのに、イアン、朝ごはんを食べたあとも、
いやにゆっくりしているなあと思ったら、


「ユインが起きてくるのを待ってるんだ」


え~っ!
ユインが起きてきてごはん食べてからなんて言ってたら、


「お昼になっちゃうよ~」


「じゃあ、起こすよ」


イアンがユインの部屋に電話をかけて起こしたので、
ユインが朝ごはんを食べるまで待っていたら、
10時を回ってしまった。


そのうえ、わたしの予想どおり、
ユインは食料の買い出しには行きたくないとごねる。
だからユインを寝かせておいて、
さっさと出かけてしまえばよかったものを……。


そしたら、もう今ごろ、買い出し終えて、
うちへ帰ってこれてるだろうにと思いながら、
結局、わたしとイアンとで、まず近くのスーパーへ。


芽キャベツやパースニップなど、
生鮮野菜もすでにクリスマス用の食料品が山積みになっていて、
買い物客の数もいつもより多い。


クリスマスディナー担当のイアンは、
今年のクリスマスディナーのメニューも
去年につづいてローストビーフと決定していた。


そして、去年、このスーパーでいささか高めではあるものの、
これはというビーフを仕入れることができたので、
今年もと思ってやってきたのだけれど、
残念ながらイアンの眼鏡にかなうビーフは見あたらなかった。


じゃあ、次は、よく週末の食料の買い出しに利用する
もっと大きなスーパーへ行くから、
そこで、頃あいのビーフが見つかるかもと期待したのだけれど、
2軒めのスーパーでも見つからず、


ディナーのメインを飾るわき役の食糧だけは
ひとそろいそろったものの、


「じゃあ、3軒め行くぞ~!」


ということに……。


ショッピングと人込みが大の苦手のイアンが、
思い通りのビーフを見つけるためなら
たとえ火の中水の中だなあと思いながら、


人込みは嫌いだけど、
スーパーめぐりはけっして嫌いではないわたしは、
喜んでしたがったのだった。


でも、さすがに、3軒めで、
イアンがこれならと思うビーフが見つかったのでほっとした。
時間は、もう昼どきをかなりすぎていた。


家族たったの3人分なので、
毎年、たいした量にならないクリスマスショッピングだけど、
さすがに3軒まわるうちには、けっこうな量になっていた。


その食糧を車からおろし、
キッチンの冷蔵庫やフリーザーやキッチンユニットにつっ込むと、
遅めのお昼をとった。


そしてそのあと、
カウチに横になったらうとろうとろ……。
気がついたら、2時間も時計の針が進んでいた。


そのとき、自覚はなかったものの、
人の買い物につきあうのって、
いやあ、これほど疲れるものなのだとはじめて実感した。


そのあいだもずっと、夕食をはさんでその後もずっと、
イアンは、ピポピポ警告音を発して
鳴りやまなくなってしまったパソコンと格闘していた。


わたしにとっては、今日は、これをしたぞ!
と思えることのなかった1日だったけれど、
イアンは合格点のビーフを見つけ、
夜更けて、パソコンの修理もなしとげたのだった。


そのおかげで、わたしも、少なくとも、
このお休み日記のアップだけはできたのだった。
めでたしめでたし~。





スポンサーサイト
この記事のURL | お休み日記 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。