スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一家で病みつきホットチョコファッジケーキ
2009/04/23(Thu)
いつのころからか、
わが家の週末の夕食後のコーヒーには、
ケーキのお供がつくように
なっていたのでありました。


たまには、イアンが、ホームメイドの
アップルパイを作ったりもするのですが、
たいがいは、週末の食料の買い出しのときに、
目についたレディーメイドのを買うのです。


それは、チーズケーキであったり、
ミシシッピー・マッドパイであったり、
バノフィーパイであったり、


ときには、
アイスクリームであったりもするのですが、
けっして、生クリームののっかった
スポンジケーキの類いではないのです。


(イギリスの生ケーキのスポンジ生地は、
きめが粗くぼそぼそとぱさついていて、
濃厚な舌触りの生クリームはこってり重たいばかりで
まったく甘みがないのです)


しかるに……。


「今日は、これを買ってみるとするか」


と、イアンが手にとったケーキを見ると、
見るからに分厚いチョコレートの糖衣のかかった
どっしりと重たそうなチョコレートスポンジケーキ。


わたしがあまりうかない顔をしていると、
イアン、


「『ハーフ・ア・プライス(半額)』だぞ~っ」


たしかに、わたしは、半額セールに目がない。
だけど、要らないものなら、
半額でも高いじゃないかっ!


そういう主義なのだが……。


よくよくそのチョコレートケーキの名まえを
見てみると、


P1060792a.jpg


「ホット・チョコレート・ファッジ・ケーキ
(Hot Chocolate Fudge Cake)」



ということなら話は別だ。
と、思ったわたしなのでありました。


というのは、しつこいほど甘いのは、
イギリスのほかのケーキと変わりはないのだけれど、
チョコレートファッジケーキの甘さは、
どこか深みとコクのある甘さなのです。


つまり、イギリスのケーキの中では、
わたしの口に合う数少ないケーキのひとつだ
というわけなのです。


ちなみに、「ファッジ(Fudge)」とは、
イギリスのスーパー、お菓子屋さん、ギフトショップなどで、
ひと口で食べるにはちょっと大きめのキャラメルサイズ、


あるいは、ヨーカンのような棒状の姿かたちで売られている
砂糖とバターとミルクを熱し、練って固めた
もろいキャラメルのような食感のお菓子。


バニラとか、ラムレーズンとか、
フレーバーにはいろいろあって、
チョコレート味のがチョコレートファッジ。


ところが、どういうわけだか。
ファッジケーキとなると、
ほかのフレーバーのは見あたらず、


わたしの知るかぎりでは、
ファッジケーキと言えば、
チョコレートファッジケーキなのですが、


どうやら、チョコファッジはケーキと相性がよいらしく、
生地や糖衣に加えられているチョコファッジが
ケーキを独特の味わいに仕上げているのです。


というわけで、


「じゃあ、半額でもあるし、
この際、1度試してみよう~!」



と、はじめて、
わが家の週末のデザートに登場したのが、
かれこれ、数週間前のこと……。


P1060789a.jpg


ところで、このホットチョコファッジケーキ、
ふつうのケーキとも、ふつうのチョコファッジケーキとも、
ちょっとちがった食べ方をします。


レストランやカフェでは、
チョコファッジケーキというと、
アイスクリームか、生クリームなどが添えられて、
冷たいままで出てくることが多いのですが、


このホットチョコレートファッジケーキは、
頭についている「ホット」という文字が示しているように、
電子レンジに入れてあたためて食べるのです。


あたためる以前は、
フォークを立てるのもむずかしいほど固い
チョコレートの糖衣に身をよろわれているのですが、


P1060879a.jpg


チョコレートスポンジが頃合いよくあたたまるほど
電子レンジに入れると、


P1060884a.jpg


てっぺんにのっていたチョコファッジも、
微妙に姿をなくすくらいにとろけて、
ごらんのとおり~っ。


あったかいケーキを口に運ぶと、
イギリスのスポンジケーキにしてはきめが細かく、
しっとり……。


その上、舌触りがよく
とろりと濃厚なチョコファッジの糖衣が
これまた、しっくりとチョコスポンジになじんでいるのです。


(思うに、このチョコスポンジは、
オーブンベイクではなく、蒸されて調理されたものか、
オーブンベイクでも蒸し焼きにされたものなのではないかと)


あたたかいのでよけいに甘みを感じるものの、
チョコファッジの素朴だけれど、
深くコクのある味わいがこたえられません。


それは、イアンとユインも同意見らしく、
このホットチョコファッジケーキ、
見かけると、つい買いたくなっちゃうんですよね~。


だから、1週とんだことはあったものの、
先週末で、一家で3つめを平らげてしまいました。
こういうのを病みつきになってしまったと言うのでしょうか。


このような美味しいケーキを発見したことは、
まあ、それは何よりだったと言うべきなのですが、


ただ、毎回、このケーキを食べるごとに、
どうにも気になって仕方がないことがあるのです。
というのは、こちら……。


P1060797a.jpg


栄養成分表示の左上、
343カロリーって数字、
ごらんになれますでしょうか?


これって、
ケーキを8切れに切って食べたときの
カロリーなんですよね~。


わが家は、幸か不幸か3人家族なので、
土曜と日曜日の夕食後、
6切れに切って食べるわけなのでして、


となると、


なんとっ、



1切れ457カロリ~っ!



って、
ほぼ1食分の食事の摂取カロリー
ってことになりゃあしませんか?


ってわけで、今週末の食料の買い出しのときには、
たとえこのホットチョコファッジケーキを見かけても、
見て見ぬふりをして通りすぎなくっちゃあと、
固く心に誓っているわたしなのでありました。


でも、
またイアンちゃんが見つけたら
買っちゃいそうだなあ~。





スポンサーサイト
この記事のURL | イギリス暮らしおもしろグッズ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。